【衝撃な事実】ほとんどの体の悩みは、「水と塩」で解決する?!

【衝撃な事実】ほとんどの体の悩みは、「水と塩」で解決する?!

血圧は化学塩が原因 肝臓にたまる。一生たまり続けるので、血圧降下剤を死ぬまでのむことになる。
デトックスしましょう。

「塩分は控えめに…。」 大ウソが常識になった塩の真実!

国産塩3種の違いについてお話します。

農薬、治療薬でさらに病気を増やす「シオン議定書」

 

農薬、治療薬でさらに病気を増やす「シオン議定書」

国は国民の命を守れないだけでなく、国民健康保険の預託金を自由に使う利権を

有する。政治、学会、医師会はただ良心と引き換えに余るほどの金で満足している。

哀れな社会である。・・・自分の病は自分でなおせる!

 

 

RAPT×読者対談113 ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

ドキュメンタリー : 初心者のためのイルミナティ新世界秩序

 

 

「シオンの議定書」の概要。ユダヤ金融資本の行動パターンが理解できる重要書です。

http://rapt-neo.com/?p=11777

一部抜粋

1905_Velikoe_v_malom_-_Serge_Nilus_-_Title_page_-_Facsimile_-_1920

 

皆さんは「シオンの議定書」という文書をご存じでしょうか。

1897年8月に行われた第一回シオニスト会議で決議された『シオン24人の長老』による決議文といわれており、その写本がロシア帝国秘密警察のスパイによって持ち出され、ロシア革命により漏洩し世界中に広まったとされています。

ユダヤ陰謀論者の間では名の知れた書物ですが、20世紀初頭にロシア帝国秘密警察(オフラーナ)がユダヤ人を貶めるために書かせた偽書である、と現在では定義されているようです。

しかし、内容があまりにも現実味を帯びているため、本物である可能性も否定できず、本物であるが故にイルミナティが偽装工作をして偽書であると宣伝しているのではないかとも疑われています。

私もこの文書に一通り目を通してみましたが、現在のアメリカや日本など、金融ユダヤ人の跋扈している国で起きていることと全く同じことが書かれてあるため、偽書であるとの通説はデマであると今では確信しています。これを偽書だと声を大にして訴える人は、おそらく金融ユダヤ人そのものか、その傀儡である可能性が高いと思います。

私のように日々、金融ユダヤ人について調査を続けていると、少しずつ彼らの行動パターンが見えてくるようになります。そのパターンとこの「シオンの議定書」に書かれた内容とはものの見事に一致しています。

私は自分の知っている彼らの行動パターンを元に、ネットの情報を拾い集め、精査していきます。そうすると、それまで全く関連性がないように見えた幾つかの事件や出来事が点と線とで結ばれ、その裏側で彼らが暗躍していることがはっきりと見えてくるようになります。

特にネットで情報を集める場合には、どんなキーワードで検索するかが重要な鍵となるため、こちらがある程度まで彼らの動きを予測しておくことが非常に重要です。これを正確に予測できるかどうかで、彼らに裏をかかれたままでいるのか、逆にこちらが裏をとるのか、その運命が大きく分かれてしまうことになるのです。

したがって、この「シオン議定書」が本物か偽物かは余り重要なことではありません。本物であれ偽物であれ、これを一通り読んでおけば彼らの動きが自ずと分かってくるのですから。

本来、この文書は一冊の本になるほど長いものなのですが、うまく概要だけをまとめた文章がネット上に公開されていましたので、今日は皆さんにそれをご紹介したいと思います。興味のある方はぜひ一読してみて下さい。

(以下、霊人のひとり言より転載)

『シオンの議定書』概要

【第一の議定】

★我々は空しい言葉の遊戯を捨てて、思想の本質を究め、比較と推理で事態を明らかにしよう。

この方法で我々の思想が、ユダヤ人の立場と非ユダヤ人=ゴイム(家畜=豚、家畜化)の見地からして、どんなものになるかを、はっきりさせるつもりである。

この世界には性善なる人間より、低俗な本能に生きる者のほうが、遥かに沢山いることを忘れてはならない。だから政治においてもっとも効果的なのは、学者の議論などではなく、《暴力》と《恐怖》なのである。

★人間と称する残忍な獣を現在まで抑え、つないできたのは、そもそも何であったろう。人類社会を形成した原始のころには、荒々しい暴力に服したし、その後には法律に従うようになった。

だが、この法律にしたところで、所詮仮面を被った暴力に他ならないではないか。

こうした自然の法則から推して、正義は力であるといってよいであろう。

★民衆はどんなことにせよ表面しかわかってないし、非理論や矛盾に誘われやすいが、そんな者を相手に理性的な助言や説得が功を奏するだろうか。

彼らは浅はかな感情、迷信、習慣、伝統、感傷的な説に同調しやすく、党派根性に陥りがちである。この党派根性というものは、どんなに論理的な合意といえどもぶち壊してしまうものである。

民族の決議はすべて偶然か、表向きだけの多数決によるのだが、それは政治の裏取引きを知らないために、みすみす理にかなわぬ議決をさせられ、政治の中にアナーキズムの芽が兆すのである。

モラルに制約される政治家は、政治家失格である。

そんなことではとても権力の座は維持できない。

政治家たるものすべてから策謀と偽善を用いなければならない。

民衆にあたっては美徳とされる誠実や率直さは、政治においてはむしろ罪悪である。どうしてかといえば、こうした徳目は最強の政敵よりもいっそう確実に政権を転覆させてしまうからである。

これらの道徳は非ユダヤ人の特徴であってもよいが、我々ユダヤ人は、決してこれを学んではならない。

 

以後 ご覧ください。

http://rapt-neo.com/?p=11777

免疫からの警笛「病気かなと思って病院に駆け込まないで」Vol.01/04

 

免疫からの警笛「病気かなと思って病院に駆け込まないで」Vol.01/04

 

いまはひどい世のなかだそうです。

病気と思って、安易に医者にいくと、薬をくれて症状はおさまるだけで、

治ったわけでは、ありません。根治医療でなく、対症療法(姑息医療)といって、

熱を下げたり、血圧を下げたり、するだけですので何年、あるいは一生通うことに

なるかもしれません。薬物は副作用のひどいものですから、薬が増え、腎臓、肝臓な

どがやられ、とんでもないことになりかねません。

腎透析などは、ほとんどが薬害で起きます。癌で入院、手術して退院しても

転移したり、抗がん剤でしにます。

95%の病気は自分で治せるそうです。感染症だけは、無理だそうですが、免疫力が

あれば、感染しにくいです。病気の原因、対処の方法を学び、手に負えないときにだけにしましょう。

 

 

 

#安保徹先生講演会#免疫からの警笛「病気かなと思って病院に駆け込まないで」Vol.01/04

#安保徹先生講演会#免疫からの警笛「病気かなと思って病院に駆け込まないで」Vol.02/04

#安保徹先生講演会#免疫からの警笛「病気かなと思って病院に駆け込まないで」Vol.03/04

#安保徹先生講演会#免疫からの警笛「病気かなと思って病院に駆け込まないで」Vol.04/04