家で炭酸風呂のススメ(重曹+クエン酸)

家で炭酸風呂のススメ(重曹+クエン酸)

IMG_7143

まだ市販の入浴剤つかってるんですか?

クエン酸と重曹で炭酸風呂つくるとはかどりますよ。

炭酸効果で血行が良くなるし、体が温まるし、お湯あたりもなめらかになるしでオススメです。

ちょっと激し目の炭酸風呂の作り方

 

続きを読む

簡単に自宅でできる「炭酸風呂の作り方」~超シュワシュワ!

炭酸風呂

最近、スーパー銭湯で大きな呼び物のひとつになっているのが「炭酸風呂」です。

おそらく、5~6割の店舗にはあると推測します。入浴すると、細かい泡が肌にまとわりついて、デトックス効果が高くて気持ちが良いのです。

近年、温浴業界は「スーパー銭湯戦国時代」と呼ばれているそうですが、この「炭酸風呂」があるかないかで、大差がつくのではないでしょうか。

ある日、ふと「この炭酸風呂を自宅で再現できないか?」と思い、調べてみると意外と簡単に入浴剤を作れることが判りました。これまでに、数回で実践してみたのでまとめました。ご利用は自己責任でお願いいたします。

後半で日本にある天然の炭酸温泉を紹介しています。

炭酸風呂を作ってみよう

バスタブのサイズ
一般的なバスタブの容量は200リットルだそうです。最初は浴槽に200リットルのお湯を張って数回試していましたが、より強い炭酸風呂を味わうために、湯量設定を160リットルに変更しました。お好みで結構ですが、湯量が少ないほど強い炭酸の風呂ができます。

正確に200・160リットルを量らなくて結構です。ご自宅のバスタブが大きめ・小さめの場合は、200リットルが標準的な大きさと考えて、目分量で調節していきましょう。

水温
炭酸ガスは水が高温になるほど解けにくく、また、抜けやすい性質があるので、お風呂の水温は35~38℃程度に設定します。ぬるめの炭酸風呂(160リットル)を堪能し、追い炊きして(より熱いお湯を足して)温度を高くして入浴を終えるようにするのがベストかと思います。

■用意するものは2つ

  1. クエン酸(食品グレード以上のもの)
  2. 重曹(食品グレード以上のもの)

クエン酸・重曹

食品添加物以上の製品を選ぶ
クエン酸・重曹共に、「医薬品(薬用) > 食品添加物(食用)> 工業用(掃除用)」と品質のグレードがあります。炭酸風呂には食品添加物以上の製品を使用します。

 

薬用の価格はずいぶん高くなるので、丹羽久が販売する食用(画像)の製品を使用しました。食用以上のものであれば、どこの物でも大丈夫です。

*販売元の丹羽久さんに確認したところ、2つとも飲用の炭酸水も作れる安全な製品です。今回ご紹介する炭酸風呂を作る方法も、健康に全く問題なく、浴槽も傷めないとのことです。(サイト・丹羽久

 


クエン酸1に対し、重曹1.3の割合で炭酸ガスがバランス良く発生します。

  • クエン酸300g 重曹390g(炭酸強め)
  • クエン酸200g 重曹260g

クエン酸&重曹の総量を増減したり、湯量の量で炭酸の強弱を調節できます。ある程度「クエン酸1:重曹1.3」を守れば、極端な使い方をしない限り目分量で調節して結構です。

続きを読む

バスボムの作り方(重曹とクエン酸の入浴剤)

重曹とクエン酸が反応すると、二酸化炭素が発生します。この性質を利用して、お湯に入れるとシュワッと泡立つ固形入浴剤(バスボム)を作ってみましょう。基本の材料は、重曹とクエン酸とデンプン、それに水です。

バスボムの作り方

用意するもの

重曹 大さじ2(約30g)
クエン酸 大さじ1(約15g)
コーンスターチ、または片栗粉 大さじ1(約10g)
水 少々

作り方

  1. 粉類を混ぜ、水を1滴ずつ加えてなじませる。水を入れすぎるとクエン酸と重曹が反応して発泡してしまうので注意。
  2. 全体が湿り、ギュッと力を加えると固まるようになったら型に入れてしっかり押し固める。
  3. 形を崩さないよう気をつけて取りだし、半日~1日くらい乾燥させる。金網に乗せたり、割り箸を2本並べた上に置いたりすると早く乾く。
  4. できあがったら乾燥剤を入れた密閉容器で保存する(空気中の湿気と反応させないため)。

ヒント

  • エッセンシャルオイルやハーブ、クレイなどお好みの材料を混ぜることもできます。ただし水分が多いもの、腐りやすいものは混ぜないようにしましょう。
  • 成形のための型は、上下が空いているクッキー型や軟らかいシリコン型が使いやすいでしょう。
  • 型を使わず、食品用のラップなどで包んで丸形や巾着型に成形することもできます。