足つり 電解質の異常

足つりnet

足つりに悩む方のためのブログ より~

http://足つり.net/2016/01/25/post-144/

「足がつる要因」が色々あるにせよ、いきつく原因は主に、
●筋肉疲労
●水分不足
●血行障害(血行不良)
●ホルモンバランスの乱れ(異常)
の4つであり、ナトリウムイオンとカリウムイオンの、2つのイオンが異常を起こし、こむら返り(筋肉が異常収縮・痙攣)を起こすのですが、
それら4つの原因がなぜ「イオン異常(電解質異常と言います)」を引き起こすのか を簡単に説明していきます。

原因① 筋肉疲労
一般的につりやすい「ふくらはぎの筋肉」や「足の裏の筋肉」は、「歩く・走る・跳ぶ・しゃがむ・立ち上がる」など、足を使った運動をする時に、最もよく動く筋肉です。
その分、長時間の立ち仕事やスポーツ等で、最も疲労物質が溜まりやすい部分でもあります。
筋肉は使えば使うほど、その部分に疲労物質が溜まります。
この疲労物質を筋肉から排除(代謝)していくのが、ナトリウムイオンとカリウムイオンです。
しかし、運動を続けるなかで、ナトリウムイオンとカリウムイオンは消費され続けます。
すると体内のイオン(電解質)が少なくなり、疲労物質が溜まってきます。
その結果、イオンバランスの崩れ(電解質異常と言います)が発生します。
要は、筋肉をコントロールする「イオン」が無くなってしまうことで、その筋肉は上手くコントロール出来なくなり、 異常収縮や痙攣を起こすようになってしまいます。

また、足のむくみは、「疲労物質の含まれた水分」が、「上手く代謝されずにふくらはぎに残った状態」であり、
この場合も、電解質異常が起きていると言えます。
つまり、 筋肉疲労は「足のつり(異常収縮・痙攣)」の原因になる、 さらに、疲労が溜まりむくみがある時も、
もちろん電解質異常が起きているので、足がつりやすくなる という事です。

原因② 血行不良
足は心臓から遠く血流が悪くなりやすい部分でもあります。
血流が悪くなりやすいという理由もあり、「足は冷えやすい部分」でもあり、冷える事で血管が収縮し、さらに血行が悪くなりやすいです。
実は、筋肉を正常に動かすナトリウムイオンとカリウムイオンは、血液によって全身に巡らされるのです。
また、ナトリウムイオンとカリウムイオンの働きを支えている「酵素」も、血液と共に全身に巡らされるのです。
そのため、血流が悪くなってしまうと、2つのイオンや、それを支える酵素が全身に行き届かなくなり、電解質異常を起こしやすくなります。
したがって既述の通り、 足は特に血が行き届きにくくなるため、電解質異常による「足のつり」が起こりやすいのです。

原因③ 水分不足
筋肉は、多くの細胞によって構成されているのですが、そこにはナトリウムとカリウムというミネラルが存在します。
このナトリウムとカリウムは、筋肉を正常に動かす上で必須のミネラルなのですが、熱中症や脱水症状などで、大量の汗をかいてしまうと、水分と一緒にこれらナトリウムイオン・カリウムイオンが失われてしまいます。
また、ナトリウムイオンやカリウムイオンが維持出来たとしても、水分が足りていなければ、細胞が維持できない?
水分、イオン不足は意外と陥りやすく、暑い場所に居なくとも、水分を取らなければ熱中症と同様の症状を起こしがちになります。
今までの説明からも分かると通り、脱水症や熱中症で水分・イオンが失われることで、電解質異常による足のつりが起こりやすくなります。

原因④ ホルモンバランスの乱れ
過度のストレスを受けたときや、妊娠した場合などにホルモンバランスが乱れるというのは、よく聞く話だと思います。
このホルモンバランスの乱れというのは、自律神経を乱すことに繋がります。
そしてこの「自律神経の乱れ」も、ナトリウムイオンとカリウムイオンのバランスを崩す事に繋がるので、電解質異常による足のつりが起こりやすくなります。

ついでに!
むくみは水分代謝の異常と言われています。
解消法としては、
●カリウムを多く含む緑黄色野菜や海藻類を積極的に摂取する
●塩分の摂りすぎに注意する
●ふくらはぎのストレッチを行う
●ぬるめのお風呂にゆったりと浸かり代謝を上げる
などで解消できます。
立ち仕事などで浮腫やすく、それが原因でこむら返りを起こしてしまう人は日々、こうしたケアを心がけましょう。

出典:足がつる(こむら返り)の4つの原因と、電解質異常!!

関連記事

日頃からできる予防法

日頃からできる予防法

足がつらないためにやっておきたいこととして、日頃からできるどのような予防法があるのでしょうか。 水分補給 体の中の水分が足りない…

記事を読む

足つり予防にはストレッチ

足つり予防にはストレッチ

夜寝ているときに、足を伸ばそうとして、突然、ふくらはぎに激痛が走り、足がつった経験はありませんか? これは、「こむら返り」といわれる、自分…

記事を読む

どうして睡眠中に足がつるの?

どうして睡眠中に足がつるの?

運動中に足がつるという人も結構多いと思いますが、意外と睡眠中に足がつるという人が多いとよく耳にします。 実際に身近でも義父が睡眠中にしょっ…

記事を読む

ふくらはぎがつる原因や理由は?

ふくらはぎがつる原因や理由は?

ふくらはぎがつる原因には、以下のことが考えられています。  1、筋肉疲労 激しい運動や過度のトレーニングが原因で筋肉に疲労物質が溜ま…

記事を読む

足つり=筋肉の異常収縮が起こる2つの理由

足つり=筋肉の異常収縮が起こる2つの理由

こむら返りがどうして起こるかもう少し詳しく考えてみましょう。 私たちヒトのからだは筋肉の収縮と弛緩を調節することによって、バランスのと…

記事を読む

簡単6つの予防策

簡単6つの予防策

境式・簡単予防策 1. 高濃度の電解質を摂取する(ポカリスエットなど) 2. 1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォータ…

記事を読む

やるべき5つの応急対処法

やるべき5つの応急対処法

こむら返りは寝ている時に起こりやすく、それが原因で寝不足になる方もいらっしゃいます。 寝ぼけながらの対処は本当に辛いものですが、これだけ覚…

記事を読む

予防策として正しい応急処置も大事

予防策として正しい応急処置も大事

実は、こむら返りになってしまった時に、正しい応急処置をしておくことは予防のために意外に重要です。 痛みが引くのを待つだけで、適切な処置を行…

記事を読む

よくある足つりの疑問Q&A その3 何が影響するの?

よくある足つりの疑問Q&A その3 何が影響するの?

ピキーン!とは、筋肉が収縮してつることを指します。 ピキーン!に関する、みんなが感じるちょっとした疑問とその答えを紹介します。 Q….

記事を読む

お塩と健康・有気っ子倶楽部からの健康アドバイス

お塩と健康・有気っ子倶楽部からの健康アドバイス

お塩と健康マメ知識   お塩と生活マメ知識 更新 有気っ子倶楽部のいのち生き生き食生活
有気っ子倶楽部では病気に関するご相談、お塩の使い方、商品に関するご質問など、専門の健康管理士がお受けしております。 お一人で悩まずに、いつでもお気軽にお電話ください。

>> ご相談受付専用電話: 042-485-9119 午後1:00~午後4:00 (講演・出張・土日祝日はお休みです)


 ——————お塩と健康マメ知識——————
● 海水天日塩で血液サラサラ
有気っ子倶楽部では約0.5%の塩水を飲み、一日6000歩以上を目指して歩く事をお薦めしています。
なぜなら、それによって体内の血液にミネラルが十分取り込まれ、歩くことによって体の中を循環し、体内浸透圧のバランスが良くなり、新陳代謝が活発になるのです。 すすべては血液の健康から。
● ゴルフ、テニス、登山など汗をかいたときには水分補給と同時に塩分補給を忘れずに
体内の塩分が不足すると、筋肉がケイレンを起こします。
よく、足がつる方は寝る前にコップ一杯の塩水を飲んでみてください。
● 睡眠前のコップ一杯の塩水は、夜中の脳梗塞や心筋梗塞を予防します。
睡眠中も血液は循環しています。夜中に血液中の水分が不足すると、血液がドロドロになり、流れにくくなります。 特にお年寄りは就寝前の水分を控えがちですが、お年寄りにこそ就寝前にコップ1杯の塩水を飲んでほしいです。
● 海水天日塩は骨粗しょう症を予防します。
閉経後の女性は骨からのカルシウムの溶出が高まり、あわせて加齢とともに腸管からのカルシウムの吸収が低下するため骨粗しょう症の方が増えています。 牛乳、小魚、緑黄色野菜とともに、海水天日塩からもカルシウムやマグネシウムが吸収されますので、日常のお料理には是非お使いください。 尚、骨を作る基本の「運動」をお忘れなく。太陽の光を浴びて歩く事で、骨の形成に不可欠なビタミンDを作ることができるのです。

 ———-お塩と生活マメ知識———-   ~~~もちろんお塩は海水天日塩ですよ~~~
● 海水天日塩はアルカリ性です。    お塩の実験ページへ
● お塩のミネラルが材料の持ち味を引きだします。例えば:トマトにかけるとトマトが甘い・・・、焼魚がおいしい
● お肉料理は調理前のお肉によく塩をすり込んでください。脂肪分を中和し、やわらかく、おいしくなります
● アサリやハマグリの砂だしにはバツグンです。貝が生き返ったようになります ぜひ一度お試しあれ!
● 歯磨き後に歯茎のマッサージに。 歯槽膿漏を予防し、口臭も防ぎます。
● 手あれ、ひび荒れには夜寝る前に小さじ1杯の塩で手のひらマッサージを。保湿クリームが嫌いな方にはお薦めです。
● 風邪の季節には塩水でうがいを。塩の殺菌効果でウィルス感染予防。

更新 
「40、お肌の曲がり角」という言葉を耳にしますが、男性も女性も40歳前後から本格的な「老化」が始まります。 1度ついた贅肉が落ちない/吹き出物が治りにくい/アルコールの分解が遅くなり、すぐに酔う、二日酔いになる。などなど、糖尿病などの生活習慣病が悪化するのも「老化」ゆえです。
なぜなら細胞が老化するから。細胞が老化すれば成人期に比べて十分な「消化・吸収」ができません。本来血液にたpっぷり吸収されるはずの栄養も老廃物として体内に蓄積されていきます。それが病気の原因。
40歳を過ぎたら、まず食生活を見直して、体にあった食物を食べ、運動が必須です。健康管理は自分自身にしかできません。 カラダの病は心の病につながります。 有気っ子5つの約束で心も体もスッキリしてください。
 血糖値が気になる、血圧が高い、体脂肪が増えた・・・肩こり、頭痛、便秘でお悩みの方は お試しください。


1
主菜は青菜!! 食物繊維でカラダ生き生き! 腸は「第2の脳」 
1回の食事の半分は青菜が理想。食物繊維をたっぷり摂り、腸内環境を改善することが健康へのカギ。食物繊維はブドウ糖の吸収をゆるやかにし、血糖値の上昇を抑制、体脂肪の蓄積を防ぎます。また、活性酸素による体内酸化も防止します。 (果物は食物繊維が豊富なものもありますが、果糖があるので血糖値の高い方は×)
特に小松菜はビタミン・ミネラルが豊富で食物繊維もたっぷり! 生活習慣病の方には最適の野菜です。 緑黄色野菜、青菜類は血液をきれいにします。

2 糖分をできる限りカットしましょう!! 病気のもと=病原体の栄養分は糖分です。糖分をカットすれば、バイキンの活躍する場がなくなり、正しい栄養素の吸収を活発にし、きれいな血液で身体が甦ります。 穀類、豆類、いも類はおなかの中で糖分にかわるので、控えましょう。 もちろん砂糖、アルコールは厳禁です。

3 水分補給は塩水でたくさんとりましょう。
トイレにはどんどん行きましょう。 身体の中を洗い流すことで、血流をよくします。(塩水を飲んだら歩き、歩いたらまた塩水を飲んで、身体の中を循環させましょう) ただ塩水飲んで寝ていたらどうなります? 塩水と歩くことは「ワンセット」ということをお忘れなく。 塩水の濃さは0.2%~0.5%を目安に。 塩辛いのはダメ。飲んで「あら美味しいわね」という濃さがちょうどいい。

4 正しい排便で血液もきれいに!
便が腸にたまる ⇒ 有害毒素の発生源となる ⇒ 病気のもとが生れる。腸内が腐敗すると、血液もにごります。食物繊維と水分をたっぷりとって快便を目指しましょう。

5 頑張って歩きましょう! 目標は1日6千歩
歩くことが苦手な人も、毎日少しずつ歩くとカラダも軽くなり、楽しくなります。歩行は人間の基本。 歩きだめ、運動だめをせず、毎日コツコツが肝心です。 歩くことはカラダのすべての機能を活性化させます。 骨も丈夫に、内臓機能を正常に、ストレスの発散、脳トレにも。  もし歩けない時はイスに座って「腕振り」だけでもやりましょう!

マクロビオティック

マクロビオティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マクロビオティック (Macrobiotic) は、従来の食養に、桜沢如一による陰陽の理論を交えた食事法ないし思想である。長寿法を意味する[1]玄米全粒粉を主食とし、主に豆類、野菜、海草類から組み立てられた食事である。身土不二、陰陽調和、一物全体といった独自の哲学を持つ。運動創始者の桜沢如一は、石塚左玄玄米を主食とした食事法のための食養会に所属し会長も務めた後、思想を発展させ、また民間運動として世界に普及させた。

他の呼称に玄米菜食穀物菜食自然食食養正食[注釈 1]マクロビ[注釈 2]マクロマクロバイオティックがある。

マクロビオティックの運動の始まりとしては、1928年に桜沢如一が行った講習会であると桜沢の夫人が述べている[2]。現在ではさまざまな分派が存在するが、桜沢如一に端を発した食に関する哲学や独自の宇宙感に関してほぼ同じ考えを保っており、また各集団も連携している[2]

 

続きを読む

足がつる原因は病気なのか?高齢?副作用?

http://seken123.com/348.html より~

足

足がつる原因は病気なのか?慢性化させない対策はあるのか?

【足がつるのは高齢者が多い】

「足がつる」状態が慢性化したまま放置すると危険です。

アキレス腱の上のふくらはぎは「こむら(腓)」と呼ばれており、「こむら返り」の呼び方がピンとくる人も多いでしょう。

「足がつる」症状とは、普段は歩くときにこの筋肉を使うのですが、自分の意思に無関係に突然、筋肉の異常な緊張で収縮したまま痙攣(けいれん)してパンパンになったまま激しい痛みを伴って、自分の意思で筋肉を緩める命令が全く伝わらない状態になります。

若い人の場合では、激しく走るスポーツのテニスやサッカーをしている時に起こりやすく、原因は筋肉疲労が主原因です。

高齢者の場合では、軽いジョギングの時や睡眠中に足がつるケースが多発しています。

一時的な症状であればあまり心配いりませんが、何度も発生したり、痛みで目が覚めて睡眠不足になるととても危険で、状態によっては肉離れする恐れもあります。

足がつる高齢者が多い原因は、筋肉量の衰え、体内の水分不足、動脈硬化が原因となっている血行不良及び冷え性、他の病気が原因の神経障害、病気の改善の為に服用している薬の副作用など、複数の原因が絡まりあっています。

その為、体に別の異常が発生している警告でもあるので、症状が頻繁になった時には注意をして、予防策を日ごろから行う様にしましょう。
足

足がつるのはなぜなのか?

現代でも足がつるメカニズムが完全に解明されていませんが、病気以外の原因として有力な説は「電解質異常」です。

血中にある電解質成分はカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどです。

筋肉の収縮する時の物質であり、神経の働きにも関係しているミネラルなので、バランスが崩れると痙攣してしまうという説があるのです。

筋肉繊維の中にカルシウムが存在し、それが移動する事で筋肉の収縮が起こる仕組みです。

カルシウムが移動すると濃度に変化が出るのですが、濃度調整の機能は、加齢、疲労、栄養不足の影響を受けて低下するとスムーズに濃度変化が行われません。そうなると痙攣してしまいます。

カルシウムを含むミネラルは些細な事でもバランスを崩してしまいます。発汗、脱水症状で簡単に濃度が変わってしまうからです。

発汗は夏だけでなく、冬の暖房の効いた室内であったり、ウィンタースポーツでも汗をかきます。それから、睡眠中も汗をかきます。

高齢者の場合は、治療薬の中に利尿剤が入っている事がありますし、消化不良の影響で下痢になる事で脱水症状が起こります。

高齢者が運動をするのは良い事なのですが、筋肉を使えばミネラル消費も加速します。

運動の基本は足ですので、足がつる原因になるでしょう。

軽い運動だと侮っていると意外な程、ミネラル消費されていますので、運動中に足がつる時は特に注意してスポーツドリンクを飲んで補給をする予防法を試しましょう。

睡眠中に足がつるのは病気なの?

高齢者で睡眠中に足がつる痛みで目が覚める人は多いのです。

痛みが直ぐに治まればいいですが、毎晩の様になると寝不足に悩まされます。

睡眠中に足がつる原因に日ごろの運動量は関係しません。

それよりも、高齢者の足の筋肉が減っているのと動脈硬化の影響による血行不良が大きな要素と考えられています。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われておりますが、運動をしないで歳をとると、20歳を基準にして10歳単位で10%低下すると言われます。60歳で60%低下となります。

その分、血流の低下で筋肉に必要なミネラルとビタミンが補給されません。

その為に、日常生活でも筋肉が疲労状態となってしまうのです。

高齢者の動脈硬化は高血圧や高血糖が原因となっている場合もあります。

動脈硬化が悪化して閉塞性動脈硬化症の病気になると足がつる原因になります。

足がつる対処方法で行われている方法が、膝を伸ばしてつま先を手で掴んで手前にひっぱります。ゆっくりと徐々に行えばいいのですが、寝ぼけていると急激に引っ張ってしまい、その結果として肉離れしてしまう危険がありますから注意しましょう。

足がつる前に予防法で対策しましょう

足がつる前の予防法は人によって条件が異なる為、自分に合う方法を使いましょう。

(1)足のマッサージでフットケアする

寝る前に足のマッサージをしましょう。

足を延ばして床に座り片膝を立て、優しくアキレス腱から膝裏に向かって手で撫でる様にもみます。マッサージ機を使うのもいいですよ。

(2)血流と筋力アップのスクワットをする

足を肩幅に開き、バランスを取るために両手は水平に前に伸ばして、膝を90度程度曲げるスクワットを1日100回を目標にして行う。

合計100回でいいので、時間をおいて分けて行ってもよいが、個人差があるのと体調の影響があるのでやり過ぎに注意が必要です。

(3)ミネラルを補う食事にする

食事のバランスに注意してミネラルの補給を考えましょう。

特にカルシウムを牛乳で取ったり、マグネシウムを納豆や豆腐で取るのを忘れずに。

必要に応じてサプリメントも使いましょう。

病気が原因で足がつる症状とは

因果関係が明確になってはいませんが、次の病気は原因と考えられています。

糖尿病、脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症、椎間板ヘルニア、腎疾患、脳梗塞。

この病気には特徴のある症状があります。
■ノドの渇き・手足のしびれ=糖尿病
■休みながらでないと歩けないなどの歩行障害=脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症
■腰痛=椎間板ヘルニア
■むくみ=腎疾患
■片方の手足の麻痺・言葉のもつれ=脳梗塞

検査をしないで判断するのは危険ですから早目の受診をお勧めします。

続きを読む

電解質の基準値は?異常ならどんな病気?

医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

http://medical-checkup.biz/archives/2025 より

 

電解質とは、水に溶ける物質の中で塩化ナトリウムのように電荷をもったイオンとして解離するものを言います。

生体において、血液中の電解質は常に一定のバランスを保ち、我々人間が生きていく上での生理的な動きに不可欠な役割を担っています。

今回は、この電解質の基準値などについてまとめました。

Sponsored Link

 

電解質ってなんで検査するの?

doc

体の約60%は水分で、体液として体の中にあります。

それには、細胞の成分となる細胞内液、及び組織間の液となる細胞外液があります。
体液の中では、電解質と非電解質が溶け合って存在していますが、これが変調を来たすと体は不調となり、脱水症状、浮腫、アシドーシス(酸性症)、アルカローシス(塩基性症)などになります。

電解質には、陽イオンと陰イオンがあり、陽イオンには、ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどがあり、陰イオンには、クロール、炭酸、リン塩酸、硫酸塩などがあります。

この2つの陽と陰のイオンは一定のバランスを保ちながら体の中に存在していますが、色々な病気になると、バランスが崩れることもあります。
そのようなことから、これらの体液の総量、陽・陰イオンの数値を知ることで、体の健康状態を知る事が可能となります。

 

電解質の正常値と異常値は?

Medic

 

正常値の体液総量は体重のおよそ60%。
その内訳は、細胞内液40%外液20%です。

陽イオン中ナトリウムの正常値135~145mEq/l
陽イオン中カルシウムの正常値4.2~5.1mEq/l
陰イオン中クロールの正常値100~160mEq/l

 

異常値
検査の結果、上記の正常値の上限数値以上、または下限数値以下、共に異常と判断されます。
例えば、ナトリウムでは150以上、135以下、クロールでは、110以上、100以下はいずれも異常値となります。

Sponsored Link

異常のときに考えらえる病気は?

Woman (4)

・アシドーシス(酸性症)の場合
重症の心臓病、糖尿病、嘔吐、肺疾患、女性では妊娠中毒症が疑われます。

・アルカローシス(塩基性症)の場合
胃液の大量嘔吐、重症の胃疾患などが疑われます。

・カルシウム増・減の場合
増えると、悪性腫瘍、原発性副甲状腺機能亢進症、多発性の骨髄腫など。
減ると、腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD欠乏症などが疑われます。

・カリウム増・減の場合
増えると、脱水症、腎不全。
減ると、腎不全、呼吸不全症候群、副腎皮質機能亢進症などが推測されます。

・マグネシウムが増・減した場合
増えると、尿毒症、腎不全、甲状腺機能低下、クッシング症候群など。
減ると、腎不全(多尿期)、腎盂腎炎、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症などが推測されます。

電解質の検査で注意すべき点は?

Nurse

・血清マグネシウム、クロールの濃度は食事の影響を受けるため、早朝の空腹時に採血を行う事が大切です。

最後に

電解質の検査において異常がみられる場合は、悪性の病気の可能性も高いですので入院して治療が行なわれるのが一般的です。

通常、電解質イオンの濃度のバランスは簡単に崩れるものではありませんが、一度崩れてしまうと、命に関る危険性もありますので、速やかに治療に専念されることが大切となります。