肥満はあらゆる病気の元

 

脂肪燃焼スイッチをONにして痩せる方法

脂肪燃焼スイッチをONにして痩せる方法

肥満はあらゆる病気の元

18歳の時の体重で一生生きること・

5kgまではいいが、10kg増えると成人病の元になる。

49:20

視聴回数 4.8万 回1 年前

48:13

食生活や環境の変化によって、中国、エジプト、メキシコなど発展上国で急速に広まりゆく肥満。その現状や問題点、各国の取り組みを追っ …

35:54

仰天ニュースリスト: ザ!世界仰天ニュース アレルギーSP 2015年4月22日 …

13:51

医者や薬とサヨウナラ..30日無料講座】 http://ct.shiztc.com/2iIpD79 【質問フォーム】 自然治癒倶楽部で聞きたい内容はこちらよりご質問 …

10:02

武田邦彦【糖尿病】年齢と肥満に関係する事….実は〇〇である [武田邦彦 糖尿病 年齢 肥満] ◇◇武田先生のあらゆる角度からの知識をお …

31:50

肥満者割合の推移 (厚生労働省 平成26年国民健康・栄養調査) ここ30年で日本の肥満者は増加。 男性は4人に1人、女性は5人に1人が …

48:50

1:16:21

良いと感じた動画にグッドクリックして頂けると嬉しいです。 チャンネルにお越し頂きありがとうございます。 このチャンネルでは宇宙に…

29:01

2003年 29分 私たち日本人は経済が発展すると共に、食生活も豊かになりました。しかしそこには肥満という大きな落とし穴があったのです。

19:49

5:46

老けた仙人 ・YouTube https://youtu.be/ypWpQACiK3U ・Twitter https://twitter.com/MachidaSatoshi ▽ラーメンのこじカル ・YouTube …

2:01

Youtube副業が斬新な件!稼ぐ人が増加中。顔出し、声出し、撮影不要で動画で稼ぐ方法は下記のアドレスをクリック Ads By Move …

14:52

視聴回数 3万 回5 年前

1:14

9:55

医者や薬とサヨウナラ..30日無料講座】 http://ct.shiztc.com/2iIpD79 【質問フォーム】 自然治癒倶楽部で聞きたい内容はこちらよりご質問 …

5:27

MRTニュースの特集で「子供の肥満」。 その中で、4月10日に、糖質制限の第一人者 江部康二をお招きして行われた 「 脱・肥満県 宮崎の …

10:08

20170211 武田邦彦 肥満の原因は食べる事ではなかった チャンネル登録お願いし …

4:45

詳細はこちら ⇒ http://bit.ly/2qhhMnE ザ!世界仰天ニュース 巨漢ダイエットスペシャル!超肥満の人がダイエットを決意する時!

字幕

13:41

チャンネル登録お願いします。 トレーシー・メゾット 世界仰天ニュース 仰天チェンジ ダイエット!肥. チャンネル登録お願いします。 世界仰…

6:51

FOLLOW ME▻▻ https://twitter.com/john__6969 SUBSCRIBE/SUPPORT▻▻https://www.youtube.com/user/john69110 SNSリンク …

2:10

はじめまして! 動画視聴ありがとうございます。ボディメイクパーソナルトレーナー難波聡です! 2015年10月に痩せると決心してからの変化 …

糖尿病性腎症 蛋白尿 メカニズム

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/medical_info/science/201311.html

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/medical_info/science/201311.html より~

尿細管-糸球体連関:糖尿病性腎症の新しい発症メカニズムの解明
長谷川一宏(腎臓・内分泌・代謝内科)

はじめに~これまでの糖尿病性腎症発症の研究は”糸球体”中心だった~

糖尿病は現代社会のもたらす最大の生活習慣病で、国内患者数は約1,000万人にも達します。糖尿病から生じる腎臓の障害は糖尿病性腎症と言い、透析導入の最大の原因で、その撲滅は医学の最大の課題の一つと言われています。腎臓は、尿を作り体の中の老廃物や余分な水分を排泄する働きを持ちます。腎臓で生成される尿を作る場所は、腎臓に流れ込む血液が毛細血管のかたまりとして糸くずのような構造となり、濾過器に似た働きをしている糸球体という部分です。この濾過器が目詰まりすれば尿は生成されなくなり、逆に目の粗いザルのように素通りとなれば蛋白尿となり体の蛋白質が減っていきます。腎臓にはさらにこの濾過器で濾し取られた尿のもと(原尿)が通る尿細管という部分があります。この尿細管という「尿」の通り道を通って、体外に排泄されます。

図1

図1 腎臓の構造

糖尿病では体の臓器で糖分が利用されなくなり、高血糖をきたして血管にダメージを与えます。血管の塊である糸球体も障害され、正常なら濾過されない血液中の蛋白が、「目の粗いザルとなった糸球体」を素通りして排出される。これを「蛋白尿」といいます。このようにこれまでは糖尿病性腎症は、糸球体障害として捉えられて、糖尿病性腎症の研究は糸球体の障害のメカニズムを中心に行われてきました。

図2

図2 糖尿病性腎症における蛋白尿
糖尿病性腎症では、糸球体のザルの穴が広がり、蛋白が血中から尿中へ漏れ出る

新たな発見~尿細管細胞から糸球体細胞への対話、尿細管-糸球体連関~

糸球体を中心とした研究と治療は一定の成果(アンジオテンシン受容体拮抗薬の応用)を上げましたが、消滅しません。そこで、我々は、他にも病気の原因があると考えました。糖尿病が、栄養素である糖分、脂肪分を利用してエネルギーをつくりだす「代謝」という生命現象の異常であることに注目し、腎臓の細胞で最も代謝が活発な尿細管が真っ先に障害を受けるのではないかと考えました。
多くの生命体で、カロリー制限により寿命が延長することが知られており、その原因遺伝子として、長寿遺伝子サーチュイン(以下Sirt1)が知られています。カロリー制限することにより、腎臓でもSirt1は増加します。本研究グループは、Sirt1の尿細管での意義に以前から注目しており、本研究では糖尿病では、カロリー制限した場合とは逆に、Sirt1が糸球体障害が生じる前に尿細管で低下していることを発見しました。そして、Sirt1の低下が細胞の中でエネルギーの状態を調節する役割を果たすニコチン酸という物質の代謝を障害することを見出しました。
さらに、ニコチン酸のうち、ニコチン酸モノヌクレオチド(以下NMN)という物質が尿細管から糸球体に放出されること、その放出が糖尿病では低下していることを見出しました。このNMNの放出レベルが減ると、糸球体のふるいを構成する足細胞という細胞の機能に異常が認められ、今度は足細胞のSirt1の発現が低下し、ふるいを構成する蛋白の一つクラウディン-1(以下Claudin-1)の発現が上昇して(この現象には、いま注目されているエピジェネテイックスが関与しています)ふるいが障害され、蛋白尿が出現するという一連の病気の流れを解明しました。尿細管の細胞から糸球体足細胞へのNMNを仲立ちにした対話が途絶えてしまうことが糖尿病の極めて早い段階で生じ、腎症の発症に関与しているのです。この連関を尿細管-糸球体連関と名づけました。

図3

図3 糖尿病性腎症における尿細管-糸球体連関の破綻
糖尿病は、尿細管Sirt1を低下させ、ニコチン酸の一つNMNの放出を妨げ、糸球体Sirt1を低下させる

図4

図4 糸球体におけるSirt1低下がもたらす影響
糖尿病では、尿細管から糸球体へ波及したSirt1低下がClaudin-1というふだん糸球体には存在しない細胞間の結合を調節する蛋白の上昇をもたらし、蛋白が血中から尿中へ漏れ、蛋白尿が出現する。

本研究の今後の発展性~糖尿病性腎症を超早期に診断する~

これまで糖尿病性腎症の早期診断としてアルブミン尿(微量の蛋白尿)の検出が多く使われてきました。これは糸球体の障害を検出する方法です。本研究グループは、アルブミン尿が出る前から既に尿細管がエネルギー代謝の失調を起こしていることを明らかにしました。尿細管-糸球体連関の破綻が生じた時、もう既に糖尿病性腎症は発症しているのです。したがって尿中のNMN低下を測定すれば糖尿病性腎症の”超”早期の診断が可能となるかもしれません。また、この連関の断絶を修復する、例えばカロリー制限や運動をすることで腎臓のSirt1の働きを活発にすることなど、新しい治療が有効である可能性が考えられます。糖尿病性腎症はある程度進むとなかなか進行を止められません。これまでの進行を遅らせる治療から、発症させない”先制医療”が極めて重要な病気です。本研究成果をさらに進めることにより、”超早期”の診断による”先制医療”の実現が期待されます。

図5

図5 今後の治療への展開-Sirt1活性化やNMNの補充-
糖尿病で低下したSirt1を活性化することやNMNを補充するなどの治療が有効である可能性を提唱した

参考文献

Renal tubular Sirt1 attenuates diabetic albuminuria by epigenetically suppressing Claudin-1 overexpression in podocytes.
(腎臓の尿細管Sirt1はポドサイトにおけるClaudin-1の発現レベルをエピジェネティック制御機構により抑制し、糖尿病性腎症のアルブミン尿を低下させる)
Hasegawa K, Wakino S, Simic P, Sakamaki Y, Minakuchi H, Fujimura K, Hosoya K, Komatsu M, Kaneko Y, Kanda T, Kubota E, Tokuyama H, Hayashi K, Guarente L, Itoh H.
Nat Med. 2013 Oct 20. doi: 10.1038/nm.3363. [Epub ahead of print]
Published online: 20 October 2013 | doi:10.1038/nm.3363
http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/abs/nm.3363.html外部リンク

左から:伊藤 裕(教授)、 長谷川一宏(助教)、 脇野 修(講師)

左から:伊藤 裕(教授)、 長谷川一宏(助教)、 脇野 修(講師)

最終更新日:2013年11月1日
記事作成日:2013年11月1日

▲ページトップへ

慶應発サイエンス

 

肥満 電解質

電解質 – 12. ホルモンと代謝の障害 – MSDマニュアル家庭版

www.msdmanuals.com › 家庭版 › 12. ホルモンと代謝の障害 › 電解質平衡

各区画に含まれる体液の量は、その区画の電解質濃度によって変化します。そのため、電解質、特にナトリウムは、これらの区画内で正常な体液量(体液平衡)を維持する働きに関与しています。電解質濃度が高くなると、体液はその区画に流入します。反対に …

塩は肥満に関係しているか?

www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt13/salt13-health-07winter.html

塩摂取量と肥満との関係を考察した論文を紹介。 … 過剰体重や肥満になることは成人と子供で多くの疾患の危険性を増加させる: …. 同様に塩化ナトリウムのバランスを含めて適当な電解質バランスを確保するには、液体バランスや最適な運動能力を維持する …

肥満・痩身者の疲憊性筋腱損傷・障害 – 13 ページ – Google ブック検索結果

https://books.google.co.jp/books?isbn=4902527197
2004

この電解質は以下のように分類される(表 1 – 7 , 1 – 8 ) 0 表 1 – 7 電解質の分類 表 1 – 8 人体の元素成分第 2 固食物の消化と吸収 13. ビタミン補給の不十分な場合ダイエットによる偏った食事ビタミン需要が高まっている場合乳児期,妊娠期あるいは授乳期 …

脱水症状にならないための電解質の摂り方 | ウォーターサーバーのアルピナ …

www.alpina-water.co.jp › ブログTOP › 水分補給の方法と健康の関係

2016/02/10 – ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質は体内の水分の中に溶けているもので、体が正常に機能するためには … ただし、あまり過剰に飲み過ぎると糖分を多く摂取することになり、肥満になってしまうので注意しましょう。

福祉教科書 保育士 出る!出る!一問一答 第3版

https://books.google.co.jp/books?isbn=4798145297
保育士試験対策研究会 – 2015 – ‎Education

発熱時は、発汗して水分や電解質を失い、新陳代謝が盛んになるのでたんばく質やビタミンを消費する。[水分や電解質飲料を補給]する小児期の肥満乳児期の肥満は[1]歳過ぎて運動量が増加すると改善される場合が多いが、幼児期の肥満は学童肥満、成人 …

福祉教科書 保育士出る!出る!一問一答 第3版

https://books.google.co.jp/books?isbn=4798143464

発熱時は、発汗して水分や電解質を失い、新陳代謝が盛んになるのでたんばく質やビタミンを消費する。[水分や電解質飲料を補給]する小児期の肥満乳児期の肥満は[1]歳過ぎて運動量が増加すると改善される場合が多いが、幼児期の肥満は学童肥満、成人 …

[PDF]体液恒常性維持のメカニズム – 中外医学社

www.chugaiigaku.jp/upfile/browse/browse205.pdf

腎臓の主な役割は尿を作り,体内に必要のないものを排泄することにより,水電解質酸塩基バラン. スを維持すること(体液の恒常 …. 水は主に筋肉に含まれ,脂肪にはないので,年齢・肥満度によって体液量の割合が変化する.ま. た,女性は男性と比べ体重に …

福祉教科書 保育士 完全合格テキスト 下 2017年版

https://books.google.co.jp/books?isbn=4798149624
保育士試験対策委員会 – 2016 – ‎Education

知っトク*12 乳幼児電解質飲料乳幼児用に浸透圧を低くして、水分吸収が良く、糖分を抑えてむし歯予防を考慮した電解質飲料が販売 … 肥満は高血圧や糖尿病などの生活習慣病*16 を誘発する原因になる場合が多いために、できるだけ早い時期から改善する …

福祉教科書 保育士完全合格テキスト 下 2017年版

https://books.google.co.jp/books?isbn=4798146714

知っトク*12 乳幼児電解質飲料乳幼児用に浸透圧を低くして、水分吸収が良く、糖分を抑えてむし歯予防を考慮した電解質飲料が販売 … 肥満は高血圧や糖尿病などの生活習慣病*16 を誘発する原因になる場合が多いために、できるだけ早い時期から改善する …

福祉教科書 保育士完全合格テキスト 下 2016年版

https://books.google.co.jp/books?isbn=4798143286

知っトク*14 乳幼児電解質飲料乳幼児用に浸透圧を低くして、水分吸収が良く、糖分を抑えてむし歯予防を考慮した電解質飲料が販売 … 肥満は高血圧や糖尿病などの生活習慣病*18 を誘発する原因になる場合が多いために、できるだけ早い時期から改善する …