癌や毎日の活性酸素 予防に日頃から、ビタミンc サプリを取ろう

野菜や海藻、食べ物が、もはや生命を維持しづらい社会になって、さまざまな病のもとになってもとになっている以上、多少のサプリもやむを得ないきょうこの頃です。

ある尊敬するお医者さんはビタミンC注射を毎月打っておられるそうです。効き目のある方法は、医療現場から見ると金にならないので、教えないし、国も利権で動いていますので、無視
、それでも3000円くらいですのでさほどでもありません。

せめて、ビタミンCサプリでも始めてみませんか。

ビタミンC点滴治療が日本で普及しない理由

超高濃度ビタミンC点滴は本当にガンに効くのか?

ビタミンCの大量摂取とは

ビタミンCの抗酸化実験

ビタミンCで #放射能 防御3/4Protect from #Radiation (Part 3)

日向とうきの成分

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

http://hyugatoki.com/about2.html より~

阿蘇山の溶岩+光合成ビタミン

bg_topimg

ヒュウガトウキは和名、日本山人参は俗名です。

根を引っこ抜いた姿・形が朝鮮人参に似ていることから、日本山人参とも呼ばれています。

昔はヒュウガトウキ(日本山人参)は、イヌトウキ(日本山人参)と呼ばれていました。

ところが、その後の研究・調査の結果、ヒュウガトウキ(日本山人参)とイヌトウキ(日本山人参)は違う種であることが判明しました。

ヒュウガトウキ(日本山人参)は絶滅危惧種

hatake
ヒュウガトウキ(日本山人参)は、九州の大分、宮崎、熊本の県境に自生しています。

環境庁に絶滅危惧種に指定された希少な植物がヒュウガトウキ(日本山人参)です。

朝霧が深くて陽の当たらない北向きの断崖絶壁に自生しています。

岩肌の割れ目に根を張り、ミネラル分たっぷりの栄養成分を吸い上げているのです。

ヒュウガトウキがいま注目の訳

いま注目!
ヒュウガトウキ(日本山人参)がいま注目されている訳は、ヒュウガトウキが豊富なビタミン・ミネラルの他、「YN-1」「イソプテリキシン」「アオノマリン」といった特殊な有機化合物を含んでいるからです。

ヒュウガトウキの根の方は、医薬品認定(医薬発第1115003号)されています。

その後、ヒュウガトウキ(日本山人参)の研究が進み、ヒュウガトウキ(日本山人参)の葉に特殊な有機化合物が含まれていることが判明しました。

「YN-1」という成分が、根以上にたくさん含まれていることがわかり、注目を浴びているのです。

ただ有機化合物は未解明な部分も多く、今も全容解明に向けて研究が進められています。

ヒュウガトウキ(日本山人参)の歴史

ninjinヒュウガトウキは、江戸時代、薩摩藩の霧島・高千穂地方の領民が、その効能の高さから「神の草」として栽培し利用していました。

戦国時代が終り江戸時代になると徳川家康を初め各諸大名は不老不死の秘薬を探し求める様になり、また薩摩藩島津氏においては無病息災の薬として珍重され門外不出の秘薬であったと考えられます。

真意のほどはわかりませんが、秦の始皇帝の命を受けて、徐福が探し求めていた不老長寿の薬草ではないか?という噂もあります。

歴史的ないい伝えからみても、希少価値の高い魅力的な植物であるというのは間違いない事実です。

門外不出のため、その存在は近年まで一部の地域住民にしか知られていませんでした。

しかし、近年「ヒュウガトウキ(日本山人参)」が健康食品やサプリメントとして注目されるようになりました。

そして、宮崎大学農学部、愛媛大学医学部、九州大学医学部卒水野博士をはじめ多くの研究グループによって、ヒュウガトウキ(日本山人参)に関する研究成果が「和漢医薬学会」や「日本生薬学会」などで発表されています。

ヒュウガトウキとイヌトウキ、朝鮮人参との違い

違い
これまでヒュウガトウキ(日本山人参)はイヌトウキ(日本山人参)と誤認され、生薬系の学会や健康雑誌にもイヌトウキ(日本山人参)として紹介されてきました。

それは、日本植物分類学の父である牧野富太郎博士が、江戸時代ウヅと呼ばれていた日本山人参をはじめにイヌトウキと定義づけされたからです。

しかし1971年、北川政夫氏によってウヅは、イヌトウキとは異なる新種で、ヒュウガトウキと正式に発表されました。

ヒュウガトウキ(日本山人参)もイヌトウキ(日本山人参)もセリ科の植物で非常に似通ってはいます。

しかしイヌトウキ(日本山人参)はおもに和歌山や四国に自生しています。

それに対し、ヒュウガトウキ(日本山人参)は、宮崎、大分、熊本の県境に自生して生活環境も異なっています。

そして葉の形や色をはじめ成分などが異なっていることもわかったのです。

ヒュウガトウキとイヌトウキは「YN-1」の含有量で区分できる

yn1
1995年の日本薬学界において、大阪薬大と日本薬草研の研究チームによる「クマリン類を指標にしたセリ科生薬の分類」についての発表がありました。

当時九州地方で薬用とされていたヤマニンジンはイヌトウキ(日本山人参)ではなく、ヒュウガトウキ(日本山人参)の成分に限りなく近いことが明らかになりました。

両者の間には共通の成分は認められたものの、そのとき大きな差を見せたのがイソエポキシプテリキシン(英語名称YN-1)の含有量でした。

YN-1はヒュウガトウキ(日本山人参)を決定づける特殊な有機化合物だと判明したのです。

そして、現在も研究が進められています。

ヒュウガトウキはセリ科、朝鮮人参はウコギ科


ヒュウガトウキ(日本山人参)は、セリ科のシシウド属に属します。

それに対し、朝鮮人参(高麗人参)はウコギ科のトチバニンジン属に属します。

ヒュウガトウキ(日本山人参)は日本固有の希少植物で、朝鮮人参(高麗人参)とは全く種類が違います。

ヒュウガトウキ(日本山人参)がどうして日本山人参(ニホンヤマニンジン)と呼ばれるようになったのかは不明です。

おそらく根っこごと引っこ抜いた姿が朝鮮人参(高麗人参)のようで朝鮮人参(高麗人参)と勘違いされた歴史的経過もあって、日本山人参(にほんやまにんじん)と呼ばれるようになったと思われます。

純正日本山人参の成分詳細

純正日本山人参ティーバッグ
純正 日本山人参(ヒュウガトウキ)は、栄養素がたっぷりで、特にカリウム(2500mg)、カルシウム(1900mg)、ビタミンE(18.4mg)の含有量は飛び抜けています。

また今話題のコエンザイムQ10など35種類以上のビタミン・ミネラルが豊富にバランス良く含まれています。

最近の日本人の栄養調査を見ると、一致して指摘されている点は、「ほとんどの栄養素は必要量を満たしているのに、カルシウムだけが不足している」ということです。

カルシウム不足は老年期に入ってから骨粗鬆になるばかりでなく、若年層でも骨がもろくなって骨折しやすくなります。

カルシウムの必要量は1日600mgとされ、この1,5~2倍を摂ることが推奨されています。

このようにカルシウムひとつとっても、純正 日本山人参(ヒュウガトウキ)は現代人に必要な栄養素をバランスよく含んでいるのです。

ヒュウガトウキ(日本山人参)の秘密は今注目のYN-1

yn1ヒュウガトウキ(日本山人参)を構成する有機化合物は4つ発見されています。

その中でも特に有機化合物YN-1が、ヒュウガトウキの主翼を担う特殊な有機化合物として脚光を浴びています。

ヒュウガトウキ(日本山人参)の熟成葉に有機化合物YN-1が大量に含まれていることがわかっています。

日本山人参茶ティーバッグ 栄養成分表示 ( 標準100gあたり)
エネルギー 372kcal ビタミンK 890μg
水分 3.4g ビタミンB1 0.03mg
たんぱく質 11.1g ビタミンB2 0.59mg
脂質 5.2g ナイアシン 4.4mg
炭水化物 70.3g ビタミンB6 0.46mg
灰分 10.0g ビタミンB12 0.29μg
ナトリウム 2mg 葉酸 51μg
カリウム 2500mg パントテン酸 0.83mg
カルシウム 1900mg ビタミンC 2mg
マグネシウム 130mg セレン 0.03ppm
リン 200mg コエンザイムQ10 3.2mg
50.4mg ヒドロキシプロリン 0.14g
亜鉛 3.0mg 総フェルラ酸 34mg
0.79mg ケイ素 2,040ppm
ビタミンA
α-カロテン 14μg β-カロテン 3000μg
クリプトキサンチン 40μg β-カロテン当量 3000μg
レチノール当量 250μg / /
ビタミンE
α-トコフェロール 15.5mg β-トコフェロール 1.1mg
γ-トコフェロール 0.4mg δ-トコフェロール 1.4mg

bg_button_go

重曹で癌が治る理由 【 重曹液は、癌が悪化する原因となっている『乳

重曹で癌が治る理由 【 重曹液は、癌が悪化する原因となっている『乳酸アシドーシス』を改善するための『栄養療法』を補佐する「補佐役」を果たし得る強力な助っ人!】

http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/40736614.html より~

この記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトからのご紹介です。
鈴森さんは当然のこととして、「重曹」が癌治療に効果することを分かりやすくお話ししてくださっています。
私も、「重曹」を水で溶かした『重曹水(重曹液)』の飲用を癌治療に活用することを推奨します。ただ、鈴森さんも仰られていますが、『重曹水(重曹液)』だけで癌が治ることはありません。
それは、この記事で鈴森さんがお話しされている内容と、当ブログサイトの「「ビタミンB1」の欠乏は『乳酸アシドーシス』を生じる原因となる」カテゴリと「体内の「酸素不足」は『乳酸アシドーシス』を生じる原因となる」カテゴリの記事、及び、この記事のご紹介のあとの【補足】にてお話しさせて頂いています内容を参照して頂きますとお分かりになって頂けると思います。癌治療における『重曹水(重曹液)』の私の位置付けは、この記事のご紹介のあとの【補足】や、「重曹は、癌に対する可能性を秘めているかもしれません」記事の「冒頭の黄囲み部分」にてお話しさせて頂いた通りです。
『重曹水(重曹液)』は、癌患者さんの体内、及び、癌の『乳酸アシドーシス』を改善する手助けをしたり、癌の成長を弱めたり、癌の転移を減少させたりするための「補佐役」として使用します。
ですから、『重曹水(重曹液)』を癌治療の主役に考えてはいけません。
『重曹水(重曹液)』はあくまで「補佐」ですが、『乳酸アシドーシス』の改善を強力に「補佐」してくれます。

癌患者さんの体内、及び、癌は『乳酸アシドーシス』になっていますから、『重曹水(重曹液)』を適宜飲用して『炭酸水素イオン』を大量に摂取することで、癌細胞が成長できる「酸性の体内環境(= 乳酸アシドーシス)」を、癌細胞が成長できない「アルカリ性の体内環境」へと急速に戻すことにより、より癌が改善しやすい体内環境を築くための手助けをします。この『重曹水(重曹液)』による手助けは『乳酸アシドーシス』を軽減させて、癌の改善に大きく貢献してくれます。しかし『重曹水(重曹液)』の役割はあくまでも「補佐役」であることを決して忘れないでください m(__)m

『乳酸アシドーシス』を根本から改善するには、ミトコンドリアの代謝不良を絶対に改善せねばなりません。
そのためには、ミトコンドリアの代謝不良を改善する「ビタミンB1」などの栄養を摂取する必要があります。

続きを読む