日向とうきの成分

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

http://hyugatoki.com/about2.html より~

阿蘇山の溶岩+光合成ビタミン

bg_topimg

ヒュウガトウキは和名、日本山人参は俗名です。

根を引っこ抜いた姿・形が朝鮮人参に似ていることから、日本山人参とも呼ばれています。

昔はヒュウガトウキ(日本山人参)は、イヌトウキ(日本山人参)と呼ばれていました。

ところが、その後の研究・調査の結果、ヒュウガトウキ(日本山人参)とイヌトウキ(日本山人参)は違う種であることが判明しました。

ヒュウガトウキ(日本山人参)は絶滅危惧種

hatake
ヒュウガトウキ(日本山人参)は、九州の大分、宮崎、熊本の県境に自生しています。

環境庁に絶滅危惧種に指定された希少な植物がヒュウガトウキ(日本山人参)です。

朝霧が深くて陽の当たらない北向きの断崖絶壁に自生しています。

岩肌の割れ目に根を張り、ミネラル分たっぷりの栄養成分を吸い上げているのです。

ヒュウガトウキがいま注目の訳

いま注目!
ヒュウガトウキ(日本山人参)がいま注目されている訳は、ヒュウガトウキが豊富なビタミン・ミネラルの他、「YN-1」「イソプテリキシン」「アオノマリン」といった特殊な有機化合物を含んでいるからです。

ヒュウガトウキの根の方は、医薬品認定(医薬発第1115003号)されています。

その後、ヒュウガトウキ(日本山人参)の研究が進み、ヒュウガトウキ(日本山人参)の葉に特殊な有機化合物が含まれていることが判明しました。

「YN-1」という成分が、根以上にたくさん含まれていることがわかり、注目を浴びているのです。

ただ有機化合物は未解明な部分も多く、今も全容解明に向けて研究が進められています。

ヒュウガトウキ(日本山人参)の歴史

ninjinヒュウガトウキは、江戸時代、薩摩藩の霧島・高千穂地方の領民が、その効能の高さから「神の草」として栽培し利用していました。

戦国時代が終り江戸時代になると徳川家康を初め各諸大名は不老不死の秘薬を探し求める様になり、また薩摩藩島津氏においては無病息災の薬として珍重され門外不出の秘薬であったと考えられます。

真意のほどはわかりませんが、秦の始皇帝の命を受けて、徐福が探し求めていた不老長寿の薬草ではないか?という噂もあります。

歴史的ないい伝えからみても、希少価値の高い魅力的な植物であるというのは間違いない事実です。

門外不出のため、その存在は近年まで一部の地域住民にしか知られていませんでした。

しかし、近年「ヒュウガトウキ(日本山人参)」が健康食品やサプリメントとして注目されるようになりました。

そして、宮崎大学農学部、愛媛大学医学部、九州大学医学部卒水野博士をはじめ多くの研究グループによって、ヒュウガトウキ(日本山人参)に関する研究成果が「和漢医薬学会」や「日本生薬学会」などで発表されています。

ヒュウガトウキとイヌトウキ、朝鮮人参との違い

違い
これまでヒュウガトウキ(日本山人参)はイヌトウキ(日本山人参)と誤認され、生薬系の学会や健康雑誌にもイヌトウキ(日本山人参)として紹介されてきました。

それは、日本植物分類学の父である牧野富太郎博士が、江戸時代ウヅと呼ばれていた日本山人参をはじめにイヌトウキと定義づけされたからです。

しかし1971年、北川政夫氏によってウヅは、イヌトウキとは異なる新種で、ヒュウガトウキと正式に発表されました。

ヒュウガトウキ(日本山人参)もイヌトウキ(日本山人参)もセリ科の植物で非常に似通ってはいます。

しかしイヌトウキ(日本山人参)はおもに和歌山や四国に自生しています。

それに対し、ヒュウガトウキ(日本山人参)は、宮崎、大分、熊本の県境に自生して生活環境も異なっています。

そして葉の形や色をはじめ成分などが異なっていることもわかったのです。

ヒュウガトウキとイヌトウキは「YN-1」の含有量で区分できる

yn1
1995年の日本薬学界において、大阪薬大と日本薬草研の研究チームによる「クマリン類を指標にしたセリ科生薬の分類」についての発表がありました。

当時九州地方で薬用とされていたヤマニンジンはイヌトウキ(日本山人参)ではなく、ヒュウガトウキ(日本山人参)の成分に限りなく近いことが明らかになりました。

両者の間には共通の成分は認められたものの、そのとき大きな差を見せたのがイソエポキシプテリキシン(英語名称YN-1)の含有量でした。

YN-1はヒュウガトウキ(日本山人参)を決定づける特殊な有機化合物だと判明したのです。

そして、現在も研究が進められています。

ヒュウガトウキはセリ科、朝鮮人参はウコギ科


ヒュウガトウキ(日本山人参)は、セリ科のシシウド属に属します。

それに対し、朝鮮人参(高麗人参)はウコギ科のトチバニンジン属に属します。

ヒュウガトウキ(日本山人参)は日本固有の希少植物で、朝鮮人参(高麗人参)とは全く種類が違います。

ヒュウガトウキ(日本山人参)がどうして日本山人参(ニホンヤマニンジン)と呼ばれるようになったのかは不明です。

おそらく根っこごと引っこ抜いた姿が朝鮮人参(高麗人参)のようで朝鮮人参(高麗人参)と勘違いされた歴史的経過もあって、日本山人参(にほんやまにんじん)と呼ばれるようになったと思われます。

純正日本山人参の成分詳細

純正日本山人参ティーバッグ
純正 日本山人参(ヒュウガトウキ)は、栄養素がたっぷりで、特にカリウム(2500mg)、カルシウム(1900mg)、ビタミンE(18.4mg)の含有量は飛び抜けています。

また今話題のコエンザイムQ10など35種類以上のビタミン・ミネラルが豊富にバランス良く含まれています。

最近の日本人の栄養調査を見ると、一致して指摘されている点は、「ほとんどの栄養素は必要量を満たしているのに、カルシウムだけが不足している」ということです。

カルシウム不足は老年期に入ってから骨粗鬆になるばかりでなく、若年層でも骨がもろくなって骨折しやすくなります。

カルシウムの必要量は1日600mgとされ、この1,5~2倍を摂ることが推奨されています。

このようにカルシウムひとつとっても、純正 日本山人参(ヒュウガトウキ)は現代人に必要な栄養素をバランスよく含んでいるのです。

ヒュウガトウキ(日本山人参)の秘密は今注目のYN-1

yn1ヒュウガトウキ(日本山人参)を構成する有機化合物は4つ発見されています。

その中でも特に有機化合物YN-1が、ヒュウガトウキの主翼を担う特殊な有機化合物として脚光を浴びています。

ヒュウガトウキ(日本山人参)の熟成葉に有機化合物YN-1が大量に含まれていることがわかっています。

日本山人参茶ティーバッグ 栄養成分表示 ( 標準100gあたり)
エネルギー 372kcal ビタミンK 890μg
水分 3.4g ビタミンB1 0.03mg
たんぱく質 11.1g ビタミンB2 0.59mg
脂質 5.2g ナイアシン 4.4mg
炭水化物 70.3g ビタミンB6 0.46mg
灰分 10.0g ビタミンB12 0.29μg
ナトリウム 2mg 葉酸 51μg
カリウム 2500mg パントテン酸 0.83mg
カルシウム 1900mg ビタミンC 2mg
マグネシウム 130mg セレン 0.03ppm
リン 200mg コエンザイムQ10 3.2mg
50.4mg ヒドロキシプロリン 0.14g
亜鉛 3.0mg 総フェルラ酸 34mg
0.79mg ケイ素 2,040ppm
ビタミンA
α-カロテン 14μg β-カロテン 3000μg
クリプトキサンチン 40μg β-カロテン当量 3000μg
レチノール当量 250μg / /
ビタミンE
α-トコフェロール 15.5mg β-トコフェロール 1.1mg
γ-トコフェロール 0.4mg δ-トコフェロール 1.4mg

bg_button_go

日向とうきの注意点

http://fertile.jp/yamatohyuga/hyugatohki/chui.html より~

ヒュウガトウキの注意点

ヒュウガトウキが効能として認められているものに

 

・免疫力増強
・抗がん作用
・肝障害改善
・性機能改善
・アレルギー改善
・糖尿病改善
・高血圧改善
・血行促進
・抗酸化作用

 

があります。

 

この様に見ると、万能薬のように思えますが、気を付けなれば
ならないことがあります。
それは「腎臓」について挙がっていないことです。

 

ヒュウガトウキには、糖尿病の改善効果のほかに、塩分の排出効果が
あります。
腎臓病の方は塩分の摂取を制限されていることから、糖尿と腎臓
に同時に持病がある方にはたいへん効果的に思えますが、
そうではありません。

 

腎臓に持病がある方は、カリウムの摂取も制限されている筈です。

 

カリウムは体に必要なミネラル分で、塩分の排出を促すことから、
腎臓病の患者さんに有効なように思えます。
しかし、本来尿として排出される余分なカリウムが、上手く
排出されないのが腎臓病の患者さんです。

 

ヒュウガトウキは、このカリウムの含有量が非常に多いため、
人工透析を受けている方は摂取することができません。

 

人工透析

 

また、腎臓のお薬を服用なさっている方や、食事療法を
なさっている方は、お医者さんに相談する必要があります。
体内に大量のカリウムが残ると、心停止の原因となる事から、
これだけは守って頂きたいことです。

 

糖尿病と腎臓病では食事の内容については共通する部分と、
相反する部分があります。
糖尿病に効果があるからと言って、カリウムを多く含む
食品を採ることは控えなければならないのです。

 

かかりつけの病院の管理栄養士さんに相談してみてください。

 

でも、そんな不安がない方は、
ヒュウガトウキを美味しくご愛用ください

日向とうき 水野修一先生 本

日本山人参【ヒユウガトウキ】

成人病予防  日本山人参【ヒュウガトウキ】

研究所長 福田義人 090-4419-6964

水野修一先生の最新の著書「不老長寿の神草 ヒュウガトウキ」によると、現在まで次のような13の効果・効能が判明したとのことです。

1.ノルアドレナリンの活性を阻害する。
ノルアドレナリンについては、「40代からのストレス解消方法~キーワードはノルアドレナリン?」 を参照してください。

2.一酸化窒素の消去作用がある。

3.ロイトコルエンB4、C4の活性を抑制する
「気管支喘息やアトピー、リウマチ等の・・・」 のブログ記事をご覧ください。

4.アンジテオシン変換酵素の活性を阻害する。
アンジオテンシン変換酵素については、「アンジオテンシン変換酵素とは」 を参照してください。

5.血小板凝集抑制作用がある。

6.末梢でのインスリン活性を高める。

7.アルドース還元酵素阻害作用がある。
アルドース還元酵素とは を参照してください。

8.過酸化脂質の蓄積を阻害する。
過酸化脂質は「過酸化脂質」 ってを参照してください。

9.幹細胞内の中性脂肪の代謝を促進し、肝臓内の脂肪蓄積を抑制する。

10.発ガンプロモーターの抑制作用がある。

11.NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる。

12.ガン組織より出るとされる、トキソホルモンの活性を阻害する。

13.男性ホルモンの活性化作用がある。

その他にも、いくつかの効果・効能が検討されているというのですから、唖然としてしまいます。
健康茶日本山人参(ヒュウガトウキ)と効果・効能がよく似たものに高麗人参があります。

でも、その効果効能の決定的な違いは、高麗人参が血圧を上げるのに対して、健康茶日本山人参(ヒュウガトウキ)は血圧を下げる作用があることです。
この差は、とても大きいのではと思います。

ヒュウガトウキのすべて

子育てを終えた主婦に糖尿病の恐怖とは?

子育てを終えた主婦に糖尿病の恐怖とは?

http://ketuatusagetai.com/tounyoubyou/ より~

食事制限中の女性子育てを終えた主婦に糖尿病が多いという驚きの事実を、あなたはご存知でしたか?

 

日本国民の約5人に1人が糖尿病かその予備群です。

 

糖尿病は、ご飯、パン、イモ類などやお菓子などの甘いものに
多く含まれる糖質が主な原因です。

 

そして、体内に取り込まれた糖をうまく利用できないと、血液中の糖が溢れ高血糖状態になってしまいます。

 

これが、いわゆる糖尿病です。

日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡

 

 日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡

症状が進行すると失明したり、足が壊死したりするなど、極めて恐ろしい症状を引き起こします。

 

あなたも写真のようには、なりたくないですよね!

なぜ子育てを終えた主婦に糖尿病が急増しているのか?

日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡

子育てを終えた主婦に糖尿病が多いと指摘しているのは、しんクリニックの内科医辛浩基先生です。

 

子育てを終えると暇になって、テレビを見ながらお菓子を食べたりするため、ぽっちゃり型の主婦が増えているというのです。

 

太ってきて、肝臓などに脂肪が貯まると、インスリンの効きを悪くする物質が分泌され、血糖値が下がりにくくなるのです。

 

それで、太ってぽっちゃり型になってしまうと、糖尿病になりやすいというワケです。

 

また、主婦の方は糖尿病に気づいた時には、かなり重症化してることが多いといいます。

それは、人間ドックや健康診断の機会が非常にすくないからです。

 

糖尿病の意外な初期症状とは?

歯周病

2型糖尿病は、症状がかなり進行していても、なかなか自覚できにくいものです。

でも、意外な初期症状が出ることがあります。

それは、歯周病や膀胱炎みたいな細菌感染症に対しても大きな影響を与えているのです。

 

あなたのその歯周病や膀胱炎!
ひょっとしたら、糖尿病が原因ではありませんか?

 

また、夜中に3回以上トイレに行く人も注意が必要です。
血糖値が高くなると、血糖のブドウ糖を尿として排出するため、
多尿・頻尿になるのです。

 

糖尿病かどうかの簡単なチェック方法

糖尿病かどうかのチェック方法は、尿糖試験紙で簡単に調べることができます。

食後1~2時間の尿を尿糖試験紙かけて、色が黄色から緑色に変わってくるようであれば糖尿病の可能性があるということです。

 

尿糖試験紙は薬局やドラッグストアで販売していますので、上のような症状がある人は、一度調べてみるといいです。

 

糖尿病と高血圧がお互いに影響し合うと超怖い!!

ガン治療

さらに、40代以降は次第に血圧も上がってきます。

それで糖尿病になったら、まず血圧もチェックする必要があります。

糖尿病患者の約4割~6割の人が高血圧も併せ持っているのです。

 

高血圧も糖尿病も、最初は何の自覚症状もないまま進行しますが、お互いに影響し合ってさまざまな合併症を引き起こす危険性が高まるのです。

高血圧と糖尿病が影響し合うと、高血圧が糖尿病を悪化させ、さらに糖尿病が高血圧を悪化させるという悪循環に陥ってしまいます。

 

そうなると、動脈硬化が進みやすくなり、脳卒中や心臓病などの死に至る病気になる危険性が高まります。

 

また血圧が高いと、糖尿病の合併症である糖尿病性腎症や網膜症も急速に進みます。

 

心臓病や脳血管疾患発症の危険性も、高血圧と糖尿病の両方を併せ持っている人はそうでない人に比べ数倍も高まります。

 

そういう点では、薬草 日本山人参(ヒュウガトウキ)は、高血圧にも高血糖値にも効果的に働きますから、あなたの力強い味方になってくれます。

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

 

血糖コントロールに苦しんでいるあなたに日本山人参(ヒュウガトウキ)を!

日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡

糖尿病いう病気は一度その症状が出たら治る病気ではありませんが、血糖コントロールさえうまくいけば、普通の生活をおくれます。

 

ただ薬を飲んでもなかなか血糖値が改善せず、血糖コントロールに苦しんでいる人も多いようです。

 

でも心配はいりません。

 

日本山人参草ヒュウガトウキ)を服用したら、各種臨床テストの結果、血糖コントロールが速やかに、かつ完全にうまくいくことが多ったという事例が報告されているのです。

下記の実施検証事例をご覧ください。

 

糖尿病で何故手足がしびれるのか?

痺れ、痛み

人が糖尿病状態となって血糖値の高い状態ー血糖コントロールがうまくいかない状態が続くと、神経血管内皮細胞および周囲細胞内でアルドース還元酵素が働いて、抹消神経内にソルビトールが蓄積し、神経組織が変性を起こしてきます。

 

その結果、自覚症状としてはとくに四肢のしびれ感や、ジンジンする痛みが出現し、検査所見としては神経伝導速度の遅延や振動覚の低下が見られるようになります。

 

すなわち、明らかな抹消神経阻害が証明されるのです。

 

ここでアルドース還元酵素の働きを抑制すれば、グルコースからソルビトールへの変換が抑制され、高血糖の結果起こる糖尿病性抹消神経障害を防ぐことができるというわけです。

 

現代医薬品でも、十数年前からアルドース還元酵素阻害剤が開発され、すでに臨床応用されています。

漢方薬のなかにも同じ作用をもつ漢方が知られています。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)には「末梢神経にソルビトールが蓄積するのを防止する物質」「インシュリン活性を高める物質」が含まれています。

 

それで、手足のしびれの改善はもちろんのこと、お医者さんもびっくりするほどの血糖改善がみられる場合が多いのです。

 

ヒュウガトウキの糖尿病に関する実施検証事例

ヒュウガトウキの糖尿病に関する実施検証事例は下記のブログより確認することができます。

糖尿病の専門医もビックリ~血糖値の改善事例!

糖尿病の診断が間違っていたのかなあ・・・・

糖尿病性の下肢動脈閉塞症の疼痛のひどい患者が劇的に改善した治療法とは?

 

【健康茶(薬草茶)の関連記事】

 

 

もしお聞きしたいことや悩み等がありましたら、なんでもお気軽にご連絡ください。私に残された人生、
あなたの健康と幸せのために、少しでもお役に立てたらと思っています。

アルドース還元酵素とは

アルドース還元酵素とは | 40代主婦日本山人参

 

2015/11/23 – アルドース還元酵素は、神経内でグルコースからソルビトールを合成するポリオール代謝の速さを律する酵素です。 通常のポリオール代謝経路では、下記のようにソルビトールは果糖(フルクトース)として無害化され体外に排出されています。

アルドース還元酵素は、神経内でグルコースからソルビトールを合成するポリオール代謝の速さを律する酵素です。

通常のポリオール代謝経路では、下記のようにソルビトールは果糖(フルクトース)として無害化され体外に排出されています。

【ブドウ糖→アルドース還元酵素の作用によって→ソルビトール→ソルビトール脱水酵素→果糖(体外へ排出=無害化)】

 

ところが、人が糖尿病状態となって血糖値の高い状態が続くと、上のポリオール代謝経路におけるソルビトール脱水酵素の働きが追いつかず、末梢神経組織内にソルビトールが蓄積し、神経組織が変性を起こしてきます。

ソルビトールが蓄積すると

手足の痺れ

ソルビトールが蓄積すると、自覚症状としてはとくに両手・両足の痺れ感や、ジンジンする痛みが現れます。

検査所見としては神経伝導速度の遅延や振動覚の低下が見られるようになります。

すなわち、明らかな抹消神経障害が証明されるのです。

 

ここでアルドース還元酵素の働きを抑制すれば、グルコースからソルビトールへの変換が抑制され、高血糖の結果起こる糖尿病性神経障害を防ぐことができるというわけです。

 

なお、食品保存料として使用されるソルビトールは体内での蓄積作用の心配がなく、安全な食品添加物として用いられています。

 

アルドース還元酵素阻害剤

現代医薬品でもアルドース還元酵素阻害剤が開発されています。

アルドース還元酵素阻害剤は、ブドウ糖のソルビトールへの移行を抑え、ソルビトールの蓄積を予防する作用が有ります。

 

しかしながら、アルドース還元酵素阻害剤は、副作用が強く問題の多い薬です。

特に腎毒性など安全性に問題があることから、現在は余り利用されていません。

 

漢方薬では?

ヒュウガトウキという薬草以外では、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)という漢方薬に、アルドース還元酵素阻害剤と同じ作用をもつことが知られています。

牛車腎気丸

 

但し、注意が必要

ときに医者に内緒でこっそり漢方薬を服用し、糖尿病にともなう口の渇きや手足の痺れ感などがすっかり消えてしまうことがあります。

そうなるとその患者さんは、自分の病気がすっかり治ってしまったと錯覚して、食事療法を勝手にやめてしまうことがあるのです。

 

その結果、次に自覚症状が出た時には、非常に悪くなってしまうのです。

そういうことから糖尿病の専門医の中には漢方薬を目の敵にしている医者もいるのです。