体に悪いとこがわかる バイオレゾナンス波動医療

バイオレゾナンスとは

ゼロサーチ機器

究極のオーダーメイド医療が実現できる

癌、糖尿病、腎臓病、難病・・・

波動とは何か? ①

ドイツ波動調整器【愛知県・蒲郡市・豊橋・岡崎】

『波動測定器を体験してきました。』Lighthood Broadcast 3月1日号 Vol.1

 

6:23

矢山院長.

17:43
1772 回視聴2 年前

人類が到達した新しい医学 “バイオレゾナンス療法” 人間のそれぞれの持つ固有の波動を整え、 自然治癒力を引き出して身体の健康を整え …

11:04

バイオレゾナンスという周波数を活用した歯科治療を行う平澤先生 http://ra-ha.jp/archive17/0910hirazawa.html 平澤歯科医院 …

11:20

梅ちゃん先生のオールナイスニッポンvol.005・・・バイオレゾナンスという治療法を用いる脇浜診療所の濱田先生 …

29:18

解説記事 http://rapt-neo.com/?p=31454 公式HP http://rapt-neo.com.

12:04

バイオレゾナンスによる、スギ花粉症の症状の原因は、アデノウィルス? http://ra-ha.jp/archive17/0611hamada.html バイオレゾナンス …

2:12

佐藤歯科部長.

3:30

未来を救う波動医学とは?http://51collabo.com/?page_id=7875 注目のオンラインセミナーも …

11:24

スピリチュアル ステーション vol.003・・・高次元からのメッセージ3冊ご紹介 http://ra-ha.jp/archive17/0319sasaki.html ナチュラルスピリット …

1:12:43

説明 2015年11月8日に行われました、日本バイオレゾナンス療法協議会 第8回勉強会の模様です。 EAVテストに関する内容がメインです、 …

6:42

霊動法は古代より日本に伝えられた、現代版の気功術、整体術の原点です。バイオレゾナンスなる振動医学は既に古代から行われていまし …

3:46

バイオレゾナンスデバイスBICOMの紹介動画、最新版です。 日本語字幕スーパー付きです。

3:11

バイオレゾナンス医学に基づいた診断、治療について優しく解説しています。 デンタルライフクリニック URL …

5:16

ゆめたか接骨院恒例の患者様向け無料セミナーを公開!

1:17:03

今回はバイオレゾナンス・セラピーについて概略をお話して、私が実験台になりデモでセラピーの様子を生中継しました。 詳しい説明 …

301

11:47

寺山 心一翁さんと、フィンドホーン、そして、『意識の超越理論』 http://ra-ha.jp/archive17/0409terayama.html フィンドホーンへのいざない …

48:47

千葉一人: 『外気功療法川崎本院』院主 ドイツ波動医学と真言密教を組み合わせたユニークな考え方で人間の在り方や健康を追及中の …

3:29

調査報道メディア「ワセダクロニクル」創刊特集 「買われた記事」 第2回「国の看板」でビジネス 問題の記事執筆に使われた報道用資料を見 …

11:45

生まれつき映像が空中に映し出されるバイオスクリーンを持っているシャランさん http://ra-ha.jp/archive17/0212syaran.html 『パラパラ …

29:33

平成28年3月27日に行われた第8回ヒポクラテス・シンポジウム https://youtu.be/pffwVQaMxt0 より.

0:56

第55回日本肺癌学会学術集会 大阪大学大学院医学系研究科呼吸器外科学 奥村 明之進 http://jlcs55.umin.jp/

7:29

 

医療用に早期大麻の解禁を!

asa-14s

 

下記は文献や診察を元にして、大麻を用いる事で何らかの治療効果が得られた疾患の表である。疾患名は国際疾病分類第9版(ICD-9)に準拠する。予防も含めると更に多くなり日常的に摂取した方が好ましい。

エイズ関連疾患、西部ウマ脳炎後遺症、化学療法回復、帯状疱疹、放射線治療、ライム病
慢性ウイルス性B型肝炎、慢性ウイルス性C型肝炎、節足動物媒介疾患、前立腺癌
ライター症候群、ポリオ後症候群、悪性黒色腫、その他の皮膚癌、リンパ節細網癌
精巣癌、副腎皮質癌、悪性脳腫瘍、多形神経膠芽腫、癌全般、後天性甲状腺機能低下症
骨髄性白血病、子宮癌、リンパ腫、グレーブス病、偶発性成人糖尿病、甲状腺炎
成人糖尿病、インスリン依存型糖尿病、糖尿病性腎症、糖尿病性眼科疾患、糖尿病性神経障害
糖尿病性末梢血管病、低血糖症、脂肪腫症、関節障害、痛風、ムコ多糖症、ポルフィリン症
アミロイド症、外因性肥満症、病的肥満、自己免疫疾患、血友病A、老年痴呆、振戦せん妄
ヘノッホ・シェーンライン紫斑病、統合失調症、統合失調感情障害、躁病、突発性大うつ病
反復性大うつ病、双極性障害、自閉症、アスペルガー症候群、不安障害、パニック障害
広場恐怖症、強迫性障害、気分変調性障害、神経衰弱症、書痙、心因性インポテンツ
アルコール依存症、アルコール乱用、オピエート依存症、鎮静薬依存症、コカイン依存症
アンフェタミン依存症、タバコ依存症、心因性多汗症、心因性幽門痙攣、心因性排尿障害
歯ぎしり、吃音、神経性食欲不振症、非特異的チック障害、トゥレット症候群、過食症
持続型不眠症、悪夢、緊張性頭痛、心因性疼痛、外傷後ストレス障害(PTSD)、抜毛癖
器質性精神障害、脳振盪後症候群、非精神器質性脳症候群、頭部外傷、間欠性爆発性障害

2:

非多動性注意欠陥障害、注意欠陥・多動性障害、その他の注意欠陥障害、パーキンソン病
その他の心因性疾患、ハンチントン病、むずむず脚症候群、フリードライヒ失調症、
小脳性運動失調症、脊髄性筋萎縮症(II型)、筋萎縮性側索硬化症、その他の脊髄性疾患
脊髄空洞症、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)、多発性硬化症、
その他の中枢神経系脱髄性疾患、半身麻痺、脳性麻痺、四肢麻痺、対麻痺、非特定運動麻痺
てんかん、大発作てんかん性疾患、辺縁系激怒症候群、ジャクソン型てんかん、片頭痛
古典的片頭痛、群発性頭痛、脳圧迫症、有痛性チック障害、ベル麻痺、胸郭出口症候群
手根管症候群、下肢単発神経炎、シャルコー・マリー・トゥース病、神経障害、
筋ジストロフィー症、黄斑変性症、緑内障、弱視失読症、色覚異常、結膜炎、視神経の集晶
視神経炎、斜視、両眼視、先天性眼振、メニエール病、耳鳴症、高血圧症、虚血性心疾患
狭心症、動脈硬化性心疾患、心伝導障害、発作性心房頻拍、開心術後症候群、レイノー病
閉塞性血栓血管炎、結節性多発動脈炎、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、慢性肺障害、肺気腫
喘息、自発性気胸症、肺線維症、嚢胞性線維症、歯顎顔面異常痛症、顎関節症候群
胃食道逆流症、急性胃炎、胃炎、消化性潰瘍疾患、胃腸障害、潰瘍性大腸炎、クローン病
幽門痙攣性逆流症、限局性腸炎、大腸炎、大腸憩室症、便秘症、過敏性腸症候群
術後ダンピング症候群、腹膜痛、非ウイルス性肝炎、膵臓炎、腎炎、腎障害、尿管結石痙攣
尿道炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、精巣回転症、骨盤内炎症性疾患(PID)
子宮内膜症、月経前緊張症、腟痛、更年期障害、スタージ・ウェーバー症候群、湿疹
天疱瘡、表皮水疱症、多形性紅斑、酒さ、乾癬性関節炎、乾癬、そう痒症、白色萎縮症
脱毛症、ループス、強皮症、皮膚筋炎、好酸球増多筋痛症候群、関節リウマチ
フェルティ症候群、変形性関節症、外傷後関節炎、変形性関節障害、膝蓋軟骨軟化症
強直症、多発性関節痛障害、椎間板ヘルニア、腰部椎間板疾患、頚部脊髄症
頚部椎間板障害、頚腕症候群、腰仙後部障害、脊柱管狭窄症、腰痛症、末梢腱付着部症
腱鞘炎、デュプイトラン拘縮、筋痙縮、線維筋痛症、結合組織炎、ティーツェ症候群
オスグッド・シュラッター病、メロレオストーシス、脊椎すべり症、脳動脈瘤
脊柱側弯症、潜在性二分脊椎、骨形成不全症、エーラス・ダンロス症候群
爪膝蓋骨症候群、ポイツ・ジェガース症候群、肥満細胞症、ダリエー病
マルファン症候群、スタージ・ウエーバー症候群、不眠症、睡眠時無呼吸症候群
慢性疲労症候群、振戦、不随意運動、筋筋膜性疼痛症候群、食欲不振症(拒食症)
過換気症、咳、しゃっくり、嘔吐、吐き気、下痢、尿管痛、悪液質、椎骨脱臼
むち打ち症、ぎっくり腰、肩部傷害、前腕、手首、手部傷害、臀部傷害、
膝、踵、足の傷害、乗り物酔い、リウマチ、うつ病、アナフィラキシー様症状、※幾つかは即効性があるが基本的に大抵の症状については即効性はなく漢方薬と同じように遅効性である。その分、副作用は少ない。

大麻(たいま)ないしマリファナ (marijuana) とは、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。これに含有される化学物質カンナビノイド(約400種類の合成物の一つ特にテトラヒドロカンナビノール (THC))には様々な薬理作用があり、嗜好品や医薬品として用いられる。

540317_61006388

個人による所持や使用について法規制を設けている国が多い一方、先進国を含む一部の国や州においては合法あるいは非犯罪化されており、身体的・社会的有害性についての評価は地域ごとに差がある。

日本においては、大麻取締法により、大麻の所持、栽培、譲渡等に関して規制があり、その取扱には当局の許可を得ることが必要(免許制)であるが、実際の運用においてはほとんど許可を出さないのが実情である。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%a4%a7%e9%ba%bb

 

禁煙にすると肺癌が5,6倍に急増している なぜ?

禁煙すると5,6倍の肺癌
どんな食べ物でも副作用が少しあるが、パン、米、ケーキ、お酒ほどではない。
タバコの何万倍もパンのほうが悪い。
タバコすわないに越したことはないが、イライラしたり、喧嘩するよりはまし。
玄米、白米論争程度。
疲れたら一服して、交感神経抑えたほうが健康に良いだろう。

【大衝撃!】タバコは体に悪いは、嘘だった!喫煙者は自殺しない!ボケない! ガンにならない!…喫煙者バッシングは時代遅れだった!?…でも、臭いが…と、健康問題は別問題だった!!

武田邦彦】肺がんの本当の原因は!?タバコを悪にしたがる○○の影

武田邦彦】タバコの煙はガンを防ぐ!※禁煙は不適切です※

武田邦彦◆タバコで健康になる