牛乳は万病の元

牛乳は子牛が飲むものであって親牛がのむものでもない。まして人間が飲んでいはずはない。全てがこれに尽きます。

http://www.wa.commufa.jp/~kou-bs/kawaraban/gyuunyuu/gyuunyuu.htm より~


牛乳の成分とその毒性

牛乳の副作用を考える)

<カゼインタンパク質>
牛乳のタンパク質の80%を占めるカゼインは人間の母乳のタンパク質であるアルブミンと違って非常に粗くかつ粘り気が有り腸から吸収しにくい。またそのため腐敗や異常吸収を起こしやすくアレルギーや大腸がん喘息、白血病などを起こしやすい。


<異常カルシウム>
牛乳のカルシウムはカゼインと結合したタンパク結合型カルシウムのためとても吸収しにくい。そのためかえってカルシウム不足を起こし骨粗鬆症,結石の元になる。
更に悪い吸収によって体のいたるところでカルシウムの沈着がおき胆石、腎臓結石。膀胱結石、歯石、白内障などを起こしやすい。

<乳糖不対症>
牛乳でお腹がごろごろするのは牛乳に含まれる糖分である乳糖を分解するラクターゼという酵素を人間が持っていないため分解できず下痢などを起こすことを言う。
それ以上に乳糖は本来人間がもっている骨の中のカルシウムを奪ってしまう作用がある。ハム、ソーセージ、ちくわ、ハンペン薬の増量剤としても使われているので要注意
カルシウムを補給する目的で牛乳を飲んでかえって骨が細くなってしまうのである

<亜鉛不足>
糖尿病、味覚異常、不妊症、免疫異常、泌尿器異常などが亜鉛不足でおきやすい
若年性の糖尿病は亜鉛不足が大きな原因といわれている。糖尿病の人は牛乳は禁忌である。


牛乳の加工上の問題

ほとんどの牛乳は加熱殺菌されている。

<高温殺菌>
高温殺菌は予備殺菌として85℃で30分予備加熱し、その後120℃2秒程度の殺菌が多い。
これによって牛乳のタンパク質が変性したり、牛乳に含まれるビタミンが3割程度減少することが知られている
また活性酸素を分解するペルオキシターゼと言う酵素がほとんど失われている。
低温殺菌ではこれらはほとんど無視できる。
生乳は5分程度で吸収し、低温殺菌は15分程度、高温殺菌は1時間半以上もかかり非常に消化に悪い。
だからといって生乳や低温殺菌が良いというのではない。しかしたまに飲むなら低温殺菌が良いです。

<均質化処理(ホモゲナイズ)>
ホモゲナイザーによって牛乳の脂肪を分離しないように更に細かく再分化することによって、薄皮が張らなくなる
しかしそのために脂肪酸に分解しない脂肪が腸から吸収しアトピーなどの副作用の原因となる。
また牛乳の酸化を早めてしまう。残念ながら日本の全ての牛乳はホモゲナイズされている。


ヨーグルトは最高

牛乳の欠点を全て乳酸菌によって改良したものがヨーグルトである。


1乳糖を乳酸菌が分解しカルシウムが消化しやすい
2タンパク質を分解しアミノ酸が4倍も増えている
3コレステロールを下げ、血圧を下げる
4糖尿病を予防する
5膀胱がん、大腸がん前立腺がん、胃がんを1/2以下にする。
6虫歯を予防する
7インターフェロンを増加させる

ヨーグルトは毎日食べよう。牛乳を購入して家庭でヨーグルトを造ると経済的である。
ヨーグルトは果物と食べると最高である

機能性食品としてのヨーグルトはよい
LG21胃潰瘍の予防
LI1 免疫アップ。ピロリ菌減少
LS1 歯周病予防 歯周病菌1ヶ月で1/20

どのようなヨーグルトでもよい、自分の気に入ったものでよい。


検診に行ってきました。悲しいね

保健センターの健診・3歳児の健診でした。
今回は発育の遅れた子供が沢山でびっくりでした。
牛乳を飲んで丈夫な体にしようと思っている子供たちの発育が人によっては10%程度遅れていました。
彼らの食生活を見ると毎日牛乳をコップ1杯から2杯も飲んでいます。その上ジュースやお茶です。
その為食事が満足に食べられず、小食であったり、食事を食べなかったりです。
ある子供は寝る前に牛乳を飲むので朝食が食べられません。
ある子供はペットポトルの紅茶ばかり飲んでいるのでいつもお腹いっぱいで食事を食べません。また牛乳を飲んでいる子供たちは透き通ったような青白い顔をしています。そしてアトピーを持っている子供たちが沢山いました。また喘息の子供もいました。
頭の発達が遅れている子供も多いです。
保健センターでは牛乳を飲むことを推奨しているので、アンチ牛乳派の私もあまり強いこと言うと首になってしまうので、牛乳はコップ半分程度にしましょうとか、寝る前には牛乳が固まって胃にもたれるから、飲んだら3時間程度は起きているように、など軽いアドバイスが限界です。
保健婦や栄養士もマニュアルどうりの指導です。
すでに西尾市においては一部の養護教員は、はっきりと牛乳が体によくないことを教育されていることを確認しています。
残念ながら肝心の健康を預かる同じ町の保健センターにそのような情報が届いていないのは残念です。
大体そのような場合は、諸説色々あるからとごまかされてしまうのが落ちです。

ある医学部の小児科の教授も、ラジオで牛乳を飲んでいる子供にアトピーが多く、牛乳を飲むと1時間で母乳に牛乳の成分が排出されアトピーが悪化するからぜひ牛乳はやめてほしいと訴えていました。

健診感想記

牛乳は万病の元  吉岡 諄 より http://homepage3.nifty.com/yoshioka418/index.htm

水素水とアレルギー抑制作用

水素水の効果・効能

水素水にアレルギーを抑制する作用があるというのは本当でしょうか。ここでは、アレルギーが起きるメカニズムと、アレルギーと活性酸素との関係、また水素水のアレルギーへの影響・効果についてドクター監修のもと解説します

水素水にはアレルギー抑制効果があると考えられていますが、本当でしょうか。ここでは、アレルギーが起きる原因と、それに水素水がどう効果があると期待されるのかをご紹介します。

アレルギーが起きる原因

アレルギーは、体内の免疫システムが外部の刺激に過剰に反応して起こります。アレルギーを起こす物質となるアレルゲンに体内の免疫をつかさどる細胞が過剰に反応し、排除しようとしてさまざまな症状を引き起こすのです。

アレルギーの代表的なものに、花粉症を含むアレルギー性鼻炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどがあります。

アレルゲンが体内に入ると、免疫がアレルギーに対応する抗体であるIgEを作りだします。そして、IgEが免疫をつかさどる肥満細胞にくっつき、次のアレルゲンの侵入に備えます。再びアレルゲンが体内に入ってくると、血液中のIgEと結合し、抗原抗体反応(=免疫反応)が起こります。

すると、肥満細胞がアレルゲンに応じてヒスタミンなどの炎症性物質を放出し、それらがアレルゲンを身体にとって有害な物質と判断し、体外へ排出しようとします。このヒスタミンの働きによって、目のかゆみや鼻水、息切れ、肌の乾燥といったアレルギー症状が起こるのです。

アレルギー症状が起こった場所には多くの活性酸素が発生します。そしてこの活性酸素は免疫反応を促す働きがあるため、さらにアレルギー症状を悪化させてしまうのです。

期待される水素のアレルギーへの効果

活性酸素には、免疫反応を促進させる働きがあると先程も述べましたが、水素にはこの活性酸素を除去し、過剰な促進を防ぎ、細胞の酸化を食い止める抗炎症作用、抗酸化作用があると考えられています。

水素の摂取の方法については、水素水を飲むのはもちろん、水素風呂に入浴するなど皮膚からの摂取でも効果があると考えられています。

実際に、水素水には、花粉症などの即座にアレルギー反応の出る即時型アレルギーに効果があるというマウスでの研究結果もありますので[1]、今後、ヒトへの応用も期待できます。

当該「水素水」カテゴリ内コンテンツについてのおことわり

  • 1.一部、「水素」が持つ効能・効果についても言及しております。文章中に明記しておりますが、混同しないようご注意ください。
  • 2.当コンテンツ内で言及している「水素水」とは、分子状水素医学シンポジウムが定めた最低基準(水素含有量0.08ppm以上)にあてはまるものです。市場流通後における水素の含有量は販売元により異なると考えられますので、十分ご注意ください。

活性酸素とアレルギーの関係

酸素は生きていく上で絶対に
必要なものなので

 

酸素は体にいいもの

 

と思っている人がほとんどです。

 

でも、生きるために必要な酸素が
健康の害になることがあるんです。

 

鉄が錆びたり、
切ったリンゴの色が変わったり
開栓したワインの味が変わったり

 

これらは酸化が引き起こす現象です。

 

「頭が錆びる」
「体が錆びつく」

 

という言い方をしますが

 

酸化というのはあまり
よいイメージではありませんね。

 

私たちは酸素がなければ
生きていけませんが

 

同時に体内を酸化させています。

 

体が酸化する = 老化

 

ということです。

 

この体内を錆びさせる酸素を

 

活性酸素といいます。

 

最近よく聞くようになった言葉です。

 

「活性」というと何かいい響きですが
活性酸素の「活性」というのは
他の物質と反応しやすいという意味です。

 

他の物質と反応しやすいというのは
自分自身が不安定ということで

 

自分が安定するために、
他の物質から電子を奪い取ろうとします。

 

これが酸化という反応なのですが
このとき細胞が傷つけられてしまいます。

 

傷つけられた細胞は働きが弱まる

老化する

 

ことになってしまいます。

 

私たちが呼吸で取り入れた酸素のうち
2~3%が活性酸素になっています。

 

生活習慣病の9割は
活性酸素が原因と言われています。

 

活性酸素によって細胞が傷つけられると
ケガや病気からの回復力、免疫力が
衰えてしまい

 

高血圧や動脈硬化、糖尿病などが
発症すると考えられています。

 

免疫力が衰えれば
インフルエンザや肺炎などの
感染症にもかかりやすくなります。

 

活性酸素はアレルギーの原因にも
なっています。

 

例えばアトピー性皮膚炎は
活性酸素によって皮膚を保護する
角質層の脂膜を酸化することで

 

皮膚のバリア機能が低下し
ダニやハウスダストなどの
刺激に過剰反応することで
引き起こされます。

 

また活性酸素はヒスタミンという
刺激物質を放出させて
鼻やのどの粘膜が花粉などに
過剰反応するように仕向けます。

 

活性酸素はアトピー性皮膚炎、
アレルギー性鼻炎、喘息
リウマチなど

 

アレルギーを発症させる
元凶になっています。

活性酸素が炎症・アレルギー反応を活性化する新たな仕組みの発見

科学技術振興機構報 172号

平成17年 4月28日
東京都千代田区四番町5-3
科学技術振興機構(JST)
電話(03)5214-8404(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp

活性酸素が炎症・アレルギー反応を活性化する新たな仕組みの発見

-感染防御(自然免疫システム)における新たな細胞内分子機構-

 

 JST(理事長:沖村憲樹)の研究チームは、活性酸素が病原体感染によって起こる炎症やアレルギー反応を促進する作用を持つこと、その活性酸素の作用を受けるターゲットがASK1(Apoptosis signal-regulating kinase 1)*1という細胞内タンパク質リン酸化酵素であることを突き止めた。
細菌やウイルスなどに感染すると、それらを体内から迅速に排除するため自然免疫システム*2という生体内防御機構が活性化する。自然免疫システムがひとたび病原体の感染を感知すると免疫応答に必須な炎症性サイトカイン*3が産生され、生体内で炎症を引き起こす。一方で、なんらかの原因によりこれらの防御反応が異常に亢進すると、アレルギーや自己免疫疾患の原因にもなる。
病原体の感知には、細胞膜受容体であるTLRファミリー*4が重要な働きをしていることが知られているが、本研究では、このファミリーのうち、TLR4という受容体の活性化に伴って特異的に活性酸素が産生され、さらに活性酸素を介して、タンパク質リン酸化酵素であるASK1が活性化されることによって、サイトカインが効率よく産生される仕組みを明らかにした。
また、ASK1を働かなくしてしまったマウスにおいては、TLR4受容体活性化によって引き起こされる炎症性サイトカインの過剰産生や、それに伴うショック死が起こりにくくなっていることが判明した。
活性酸素が炎症やアレルギーの症状を亢進させる可能性についてはこれまでも注目されていたが、そのターゲットの実体が明らかとなったのは初めてであり、アレルギー性疾患や自己免疫疾患などの新たな治療法の開発に繋がるものと期待される。
本成果は、戦略的創造研究推進事業チーム型研究(CRESTタイプ)の研究テーマ「ストレスの受容・認識とシグナル変換の分子機構」の研究代表者:一條秀憲(東京大学大学院薬学系研究科 教授)、および松沢厚(同 助手)らの研究によって得られたもので、2005年5月1日付の米国科学雑誌「Nature Immunology」オンライン速報版で公開される。

【成果の概要】

研究の背景と経緯:  全ての生物は、細菌やウイルスなどの微生物の体内への感染・侵入に対して、自然免疫システムという生体内防御機構を活性化させ、それらを体内からすばやく排除する仕組みを備えている。生物が死ぬとすぐに腐敗してしまうのは、微生物の侵入に負けてしまうからであり、自然免疫システムは生命にとって欠かせない。

自然免疫システムがひとたび病原体の感染を感知すると、まず免疫応答に必須な炎症性サイトカインが産生され、生体内で炎症を引き起こし、さまざまな免疫系に関わる細胞や細菌を殺すためのタンパク質を、感染が起こっている場所に動員して病原体を排除する。

一方で、これらの防御反応が異常に亢進すると、アレルギーや自己免疫疾患になることが分かっていたが、その原因についてはこれまで解明されていない。最近の研究で、病原体の感知には細胞膜受容体であるTLRファミリーが、病原体のそれぞれの特徴的な成分を見分けることが、最初のステップとして重要であることが明らかとなった(図1)

しかしながら、病原体を感知してから、炎症性サイトカイン産生など、次のステップとしての免疫応答がどのような仕組みで促進され、何がその指令を出しているのかについては不明であった。

今回の論文の概要:  一條教授らの研究チームは、病原体を感知する細胞膜受容体であるTLRファミリーのうち、TLR4という受容体の活性化に伴って特異的に活性酸素が産生され、さらに活性酸素を介してタンパク質リン酸化酵素であるASK1が活性化されることによって、サイトカインが効率よく産生される仕組みを明らかにした。

ASK1の活性化には、ASK1をTLR4受容体に集めるために働くTRAF6というタンパク質がASK1に結合することがまず必要であり、この結合は活性酸素の産生が引き金となって起こることが分かった。ASK1が活性化した後のステップとして、p38という別のタンパク質リン酸化酵素が引き続いて活性化されることも見出された(図2)

さらにASK1を働かなくしてしまったマウスにおいては、p38タンパク質リン酸化酵素の活性化、またTLR4受容体の活性化によって引き起こされる炎症性サイトカインの過剰産生や、それに伴うショック死が起こりにくくなっていることが判明した。これらの仕組みは、これまで線虫と呼ばれる進化の上で原始的な生物に存在することは分かっていたが、ヒトやマウスのような高等哺乳動物にも共通して備わっている生物に普遍的なものであることが今回初めて明らかとなった。

また、これまでにも炎症や感染時に産生される活性酸素の役割については注目されてきたが、その活性酸素がターゲットとする分子機構の実体は不明であり、本研究で初めてその実体がASK1であることが突き止められた。

今後期待できる成果:  活性酸素は、老化あるいは動脈硬化やガンなどの成人病疾患の原因として、これまで生体にとっては有害な面ばかりが強調されてきた。今回、活性酸素が病原体の感染に対する防御機構を強めるように働くという発見によって、活性酸素は生体にとっては必要な場合があり、自然免疫システムにおいては生体への警告信号のような役割として重要な働きをしていることが明らかとなった。

従って、適度な量の活性酸素は、むしろ身体の防御能力を高めたり、ワクチンの効果を強めたりすることができるかもしれない。 逆に、体内での活性酸素の発生が多くなりすぎると、ASK1が過度に活性化され、炎症性サイトカインの産生が必要以上に増強されることも考えられる。

アトピー性皮膚炎やぜんそく、慢性関節リウマチといったアレルギー性疾患や自己免疫疾患は、自然免疫システムによる防御反応が異常に亢進した場合に引き起こされ、慢性的な炎症症状を伴う。

活性酸素を抑えるような薬剤やASK1を標的とした阻害薬は、これらの疾患での過剰なサイトカインの産生を抑制することで、効果的な治療が可能となるかもしれない。

本研究の成果は、医療、創薬という観点からも意義深いものであり、炎症やアレルギー、自己免疫疾患など、広範な免疫疾患に対する新たな治療戦略の提案に繋がるものと期待される。

 

用語説明
図1:自然免疫システムによる病原体感染の感知と応答
図2:活性酸素を介したASK1による新たな自然免疫システムの活性化機構

 

***********************************************************************************************************

【論文名】

“ROS-dependent activation of TRAF6-ASK1-p38 pathway is selectively required for TLR4-mediated innate immunity”
(活性酸素依存的なTRAF6-ASK1-p38経路の活性化がTLR4を介する自然免疫に特異的に必要である)
doi :10.1038/ni1200この研究テーマが含まれる研究領域、研究期間は以下のとおりである。
「ストレスの受容・認識とシグナル変換の分子機構」
(研究代表者:一條秀憲 東京大学大学院薬学系研究科細胞情報学教室 教授)
戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CRESTタイプ)
研究領域:「たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム」
(研究総括:大島泰郎 共和化工株式会社環境微生物学研究所 所長
/前 東京薬科大学生命科学部 教授)
研究期間:平成14年度~平成19年度

【本件問い合わせ先】

一條 秀憲 (いちじょう ひでのり)
東京大学 大学院 薬学系研究科 細胞情報学教室
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
TEL: 03-5841-4859 FAX: 03-5841-4778
E-mail:

佐藤 雅裕 (さとう まさひろ)
独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造事業本部
研究推進部 研究第一課
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8
TEL: 048-226-5635 FAX: 048-226-1164
E-mail:

菊芋茶の効果について イヌリンの腸内環境を整えたり、便秘を解消する効果

これから注目したい菊芋茶

菊芋茶と聞いてもまだピンとこない人の方が多いかもしれません。でも菊芋茶は、最近メディアでも取り上げられるようになってきた注目の健康茶です。

ここでは菊芋茶について知らないという人にも、菊芋茶を飲むことでどんな効果が現れるのか?その効果や特徴について分かりやすく紹介します。

菊芋茶に含まれるイヌリンが凄い

菊芋茶の中で注目したいのは、成分にイヌリンという多糖類の一種がとても豊富に含まれている事です。このイヌリンがダイエットや腸内環境の改善、糖尿病対策として効果を発揮してくれます。

菊芋茶の効能や特徴について知ろう

そもそも菊芋茶とは菊芋というキク科の植物から作られたお茶のことです。

菊芋はとても生命力が強く栄養価も高い植物です。

菊芋茶に含まれるイヌリンは多糖類の一種で水溶性食物繊維に分類されています。

そんなイヌリンは、腸で分解されるとオリゴ糖となり善玉菌の餌となって腸内の細菌バランスを整えてくれるという効果があります。

また、便に水分を与えて柔らかくしてくれるという効果もあるので、便秘の解消の効果があります。

腸内の環境が整うことで、体の免疫力がアップし、様々な病気の予防をはじめ、現代人が悩まされるアトピーや花粉症などのアレルギー疾患の改善にも力を発揮してくれます。

また、水溶性食物繊維に分類されるイヌリンはゆっくりと消化されるという特徴があります。

そのため糖質の吸収を抑制し、食後の過剰なインスリンの分泌を抑えてくれます。

という事は、イヌリンを豊富に含む菊芋茶は血糖値の上昇を抑え糖尿病の予防にも適しているという事です。

血糖値の上昇を抑えるという事は、糖尿病の予防になるだけではありません。

脂肪の気になる人には嬉しいダイエットサポートの効果があります。

血糖値が急上昇すると脂肪をため込む様に身体が機能してしまいます。

これを予防する事がダイエットに繋がります。

菊芋茶の健康・美容のキーポイントは豊富に含まれるイヌリンにあるという事が分かったでしょう。

菊芋茶を飲んでいる人の口コミをチェック

菊芋茶は上記のようにダイエットや整腸作用、糖尿病の予防改善に効果を発揮します。

しかし、実際に菊芋茶を飲んでいる人は効果をどの様に感じているのでしょう。口コミをチェックしてみました。

・悩んでいた便秘が解消されて驚いた。しかも他の便秘茶のようにお腹が痛くなることもない。

・味も美味しく飲みやすい。血糖値が気になって飲み始めたが、菊芋茶を飲むようになってから数値が安定している。

・生活習慣病の予防に飲んでいます。おかげさまで今のところ、健康診断はいつも問題なしです。

・飲んで1週間、体重への変化はないけれどお腹まわりがすっきりとしてきました。

・アレルギー体質なので菊芋茶を飲んでいますが、季節の変わり目になってもアトピーの症状が出ません。おかげでステロイドを使わなくてもすみそうです。

・ノンカフェインなので、子供も一緒に家族で飲んでいます。お通じが良くなり、主人の血糖値も随分と低くなり喜んでいます。

・劇的な効果は分かりませんが、飲みやすいし糖尿病の家系なので続けていこうと思います。

菊芋茶を飲んでいる人の多くは、あまり癖がなく飲みやすい味だと感じているようですね。

また効果の方も、血糖値の抑制や便秘には明らかな効果を感じている人が多くなっています。

アレルギーの改善としても菊芋茶は役立っているようですね。

大きな変化がなかったという人もいますが、菊芋茶をこれからも継続して飲みたいという人がとても多いのが印象的でした。

菊芋茶はこんな人にオススメ

菊芋茶の注目成分イヌリンは、血糖値の上昇を抑制し腸内環境を改善する効果に優れています。

そのため糖尿病体質・脂肪が気になる・便秘症・アレルギー体質の人には特にオススメしたい健康茶です。

口コミの評価も良いので、毎日の生活の中に菊芋茶を取り入れてみてはいかがですか?