近藤誠/がん治療とがん放置のヒント

 

近藤誠/がん治療とがん放置のヒント

福岡市でも、癌で入院、急に入院、1か月で死亡?しかも肺炎で。

入院したのは肺でなく別の癌。

おかしいなあ?

ずっと気になっていました。近藤先生の記事を見て、こうゆうこともあるんだなあ?

と、納得。癌の外科手術だって、自分で見抜く必要がありそうです。

癌の先生次第で、生死がきまりかねません。

 

 

近藤誠/がん治療と健康診断のリスク

近藤誠/がん治療とがん放置のヒント

余命3ヶ月のウソ 近藤誠

癌を飢え死にさせる最先端の『抗がん』食事法

自分で癌を治した人のタイプ

 ・「どうしても生きたい理由」を持つ
・自分の魂と深くつながる
 ・より前向きに生きる
・治療法は自分で決める
・直感に従う
・抑圧された感情を解き放つ
・周囲の人の支えを受け入れる
・すべての病気を根本的に治そうとする人

 ・抜本的に食事を変える
・ハーブとサプリメントの力を借りる

癌を飢え死にさせる最先端の『抗がん』食事法

ケトン体を増やし。血糖値さげ、アポトーシス自殺スイッチが壊れている・

でんぷん、糖質、タンパク質も下げる。

穀物、魚、木の実からタンパク質。

ノーベル賞効果で殺到!がん免疫療法、過信は危険ですよ…|竹田恒泰チャンネル2

ノーベル賞より食事療法