腎機能回復と小腸のかかわり方

 

腎機能回復と小腸のかかわり方

 

腎臓の代表的な働きとして、血液をろ過して老廃物を除去する機能が挙げられます。体内で生じる老廃物には、クレアチニンや尿素窒素など有毒な物質も含まれています。体を老化させる元凶の〝リン〟が体内に過剰に存在していた場合、腎機能が正常であれば余剰分が除去されて一定に保たれます。

 

腎臓は尿中に体内の毒素を排泄して、私たちの健康を守っています。腎臓と同じように、不要な毒素を排泄する臓器が腸です。近年の研究によって、腎臓と腸には密接な関係があることがわかってきました。

 

小腸や大腸は、体に必要な栄養素と不要な物質を分け、吸収したり排泄したりする働きを担っています。一方で、口から入ってきた食物には、有害物質や雑菌類が含まれている可能性があります。有害物質に対抗するために、腸には全身の5割以上の免疫細胞が存在しているといわれています。

ぎんなん治療院 肝臓、腎臓、胃の治療 何回で効く?

ぎんなん治療院 肝臓、腎臓、胃の治療 何回で効く?

井穴刺絡療法 

ぎんなん治療院 腎臓の治療 家庭治療

足指でわかる

腎臓病は足の血流が悪い

足湯もいい、

 

ぎんなん治療院 肝臓、腎臓、胃の治療 何回で効く?

 

 

 

人生 残りの寿命は 腎臓しだい!

人生 残りの寿命は 腎臓しだい!

糖尿病で血糖値は簡単にさがっても、インシュリン注射の副作用で腎透析にすすむ。

自分でどうにかするか東洋医学の知識で治療することになる。

 いまのところ、何年病院に通って、薬をのんだところで、西洋医学では方法がないのが現状。

すぐ薬をやめて、自分で治療計画たてることです。

 病気も寿命も血液しだい、血液は腎臓しだい、腎臓は小腸のその人の食べたものと宿便取りでき

まる。ヒポクラテスの万病一元論だ。

 多くの薬が腎臓を詰まらせ、透析を早め、薬の分だけ寿命を早める結果になる。

「NHK 人体」腎臓が寿命を決める!東洋医学専門の鍼灸師による解説

病院の薬が腎臓病の原因になり、透析に導くことになる。