糖尿病は改善できるのか?  日向当帰

高血糖を改善する微量栄養素

糖尿病になりやすい人は次の3つの特徴があります。

1.家でゴロゴロしている人→運動不足。

2.朝食べず夜ドカ食い→食事習慣。

3.若いときのズボンがキツクなった→肥満。5kg以上増えると内蔵脂肪が増えている。

上の3つ以外では、①家族に糖尿病の人がいる、②妊娠糖尿病、③糖尿病予備軍の人が糖尿病になりやすいです。

 

そこで、「運動」、「食事」に加えて、ヒュウガトウキ(日本山人参)という薬草を服用すれば、糖尿病は劇的に改善します。

 

医学博士 水野修一先生は自ら関わった糖尿病に関する実施検証事例から、「食事・運動・ヒュウガトウキの”三者連合”は強い」と主張しておられます。

つまり食事・運動・ヒュウガトウキの三者を併用すれば、主治医の予想以上に糖尿病による高血糖状態が改善するというのです。

 

個人的経験からいうと食事療法を単なるカロリー制限でなく、糖質をなるべく減らす食事療法に切り替え、運動療法に筋トレを取り入れれば、より劇的に糖尿病は改善します。

 

それでは、ヒュウガトウキ研究の第一人者である水野修一博士の書籍「ヒュウガトウキのすべて」より、「食事・運動・ヒュウガトウキの”三者連合”は強い」の記事について案内いたします。

糖尿病の患者さんがヒュウガトウキを飲用するケースは珍しいことではありません。その体験談を聞いたり、アンケート調査の結果を読んでみますと、主治医の予想以上に糖尿病による高血糖状態が改善したという例が多く見られます。

もちろんその場合、食事療法をしっかり守ることが条件であることは、改めていうまでもありません。

また、このようにヒュウガトウキと食事療法の併用で高血糖状態が改善されるのは、インシュリン非依存性の2型糖尿病の患者さんに限られますが、実際に臨床の現場で診ていますと、わが国の場合の糖尿病患者さんの9割は、この2型糖尿病です。

Ⅱ型糖尿病の患者さんは肥満体の人が多く、かつ、過食過飲の傾向がありますから、カロリー制限をして体重が減少すれば、高血糖状態がある程度改善するのも事実です。

そこでさらにヒュウガトウキを併用すれば、血糖コントロールが速やかに、かつ完全にうまくいくことが多いと考えられるのです。

では、なぜそうなのでしょうか。

2型糖尿病の原因としては糖尿病体質の遺伝ということも指摘されており、実際に両親を含めた親族に糖尿病患者のいる人が糖尿病になりやすいのは事実です。

しかし、ただ遺伝というだけでなく、本人の過食や過飲、その結果としての肥満という条件が重なって糖尿病状態へ移行すると考えられているのです。

そしてひとたび糖尿病状態になると、相対的なインシュリン不足と、そのための末梢組織でのインシュリンの利用障害が起こるとされています。

ですから食事療法すなわちカロリー制限と、その結果としての肥満の解消によって、相対的なインシュリン不足が解消していけば、高血糖状態も改善いはじめることになります。

そこへヒュウガトウキが助っ人に入るわけです。

ヒュウガトウキには末梢神経でのインシュリンの作用効果を高める働きがありますから、2型糖尿病患者さんは、食事療法と運動療法に加えてヒュウガトウキを併用すれば、結果として医者も驚くほどの血糖コントロールが可能になるということなのです。

詳しくは、
健康茶日本山人参の効果・効能とは?」
の記事をご覧ください。

 

糖尿病に効果的な微量栄養素とは?

すい臓微量栄養素とは、ビタミンやミネラルのことです。

ごく微量でも生体システムの維持には欠かせません。自己治癒能力を向上させ、細胞レベルで体を元気にしてくれます。

 

不足すると糖のエネルギー化がうまくいかず、すい臓のベータ細胞が萎縮してインスリンの出が悪くなります。

筋肉細胞などの受容体も異常を起こし、インスリン抵抗性の原因になります。

またミネラル類はそれ自体がベータ細胞にインスリンの分泌を促したり、インスリン抵抗性を防ぐ働きがあると考えられています。

とくに、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムのバランスが大切です。

自己治癒能力の維持や遺伝子情報の正常な伝達を維持してくれるからです。

 

糖尿病と微量栄養素

糖尿病に効果的な微量栄養素を列挙してみました。

  • ビタミンA~野菜の色素カロチノイドで糖尿病を予防します。カロチノイドは私たちの体内に入るとビタミンAになります。強い抗酸化力があり、活性酸素の害を軽減してくれます。
  • ビタミンB群~多彩な顔を持つエネルギー源で、B1は糖質の燃焼(エネルギー化)に触媒としてひと役買っています。不足するととくに筋肉の運動量がガクンと落ちます。だから糖尿病対策としても欠かせません。
    ニコチン酸(ナイアシン)~神経のビタミンと言われ、インスリンの製造も推進してくれます。
  • カリウム~糖尿病になるとカリウムが不足することが確認されています。糖尿病の予防や治療にはカリウムの補充が必要です。
  • マグネシウム~マグネシウムはインスリン受容体の感受性を良くすると考えられています。実際、動物実験では「マグネシウムの摂取量が少ないと血中のインスリン濃度が減り、糖尿病になりやすい」という結果が出ています。
  • 亜鉛~インスリンの生成にもかかわっていると言われています。
  • クロム~インスリンの働きをよくして糖尿病を予防するとされています。

ヒュウガトウキに含まれる微量栄養素

ヒュウガトウキ(日本山人参)は微量栄養素たっぷりの薬草です。

そこで上の糖尿病と直接関係のある微量栄養素(標準100gあたり)について調べてみました。(「ヒュウガトウキの成分詳細より)

  • ビタミンA~αーカロテン14mg、βーカロテン3000mg、クリプトキサンチン43mg
  • ビタミンB1~0.03mg、ナイアシン4.4mg
  • カリウム~2500mg
  • マグネシウム~130mg
  • 亜鉛~3.0mg
  • その他~ナトリウム、カルシウム、リン、鉄、銅、ビタミンE、ビタミンk、ビタミンB2、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、セレン、コエンザイムQ10、ヒドロキシプロリンなど

いずれにしても糖尿病になると直接糖尿病に関わっている微量栄養素だけでなく、間接に関わっている微量栄養素も不足してきます。糖尿病の予防や治療には微量栄養素の十分な補給が欠かせません。

日本山人参(ヒュウガトウキ)には、カリウム(2500mg)、マグネシウム(130mg)、ナトリウム(2mg)、カルシウム(1900mg)もバランスよく含まれていますので、微量栄養素という点からも申し分ないのです。

 

出典:日本山人参情報センター

 

糖尿病と菊芋 体験談

菊芋の粉末で血糖値と血圧が安定。(71才・男性)

夫婦でキクイモを摂取、手放せない存在となりました。

私は、20年くらい前からいわゆる「糖尿病予備軍」で、血糖値は常に高めでした。

また、家系的に血圧も高く、若い頃は上が170ミリ、中高年になっても150ミリ前後を行ったり来たり。

お酒をやめれば、どちらも安定することはわかっているものの、それができないまま日々を過ごしていました。

そんなとき、耳にしたのが「キクイモで血糖値が下がる」という話です。

長年農業に携わり、自宅にも畑があるので、さっそく種イモを取り寄せ、栽培を始めてみました。

ところが菊芋は、手がかからず育つのに、収穫後に放置しておくとすぐに腐ってしまうのです。

生のままサラダにしたり、カレーに入れたりと毎日使っても、大量に穫れた菊芋のほとんどがダメになってしまいます。

おまけに、収穫時期も限られているため、「一年を通して食べられない」という問題点にぶつかってしまい、そこから独自に研究と工夫を重ねることになりました。

そうしてたどりついたのが、「天日干し」で菊芋の乾燥チップスを作ることでした。

その頃から、自身の血糖値の改善も本格的に意識するようになり、毎朝自分で数値を測定するようになりました。

キクイモを生のまま、35度の焼酎に入れて半年間寝かせたものを飲んだり、チップスをお茶にして飲んだりしているうちに、血糖値は徐々に下がり始めました。

2012年の秋に菊芋の粉末を作り、お茶やお酒に入れて飲み始めると、血糖値はさらに下がり、朝食前の測定で100mg/dlを切ることも多くなりました。

同時に血圧も安定して、現在は120/60ミリをキープしています。

妻も、手足の冷えや足のしびれが改善したようで、夫婦そろって菊芋が手放せなくなっています。

菊芋パウダー粉末100g 熊本阿蘇おぐに産(3gスプーン付)

菊芋パウダー粉末100g 熊本阿蘇おぐに産(3gスプーン付)

  • MIGOTO(ミゴト)
  • 価格¥ 1,980(2016/12/12 06:55時点)
  • 商品ランキング17,375位

カスタマーレビューを見る

菊芋の粉末 生菊芋750g分 3個セット 内容量:150g×3=450g

菊芋の粉末 生菊芋750g分 3個セット 内容量:150g×3=450g

  • ふるさと応援団
  • 価格¥ 4,100(2016/12/11 20:57時点)
  • 商品ランキング10,044位

カスタマーレビューを見る

By: net_efekt

キクイモと毎日1時間のウォーキング、1ヵ月で10㎏のダイエット(63才・男性)

続きを読む

キクイモ医師のつぶやき・・・腎機能回復 イヌリン

  1. キクイモの腎機能障害への効果。国を動かしましょう!

  2. 11月14日~20日は全国糖尿病週間です。地元の下野新聞の折り込み生活情報誌アスポに本日、我が診療所のPRが掲載されました。栃木県内の方々は是非ご覧下さい。糖尿病外来は月・火・金曜日の午前9時~12時で受け付けております。さて、本日も慌ただしい1日でした。夕方の外来には、70代男性糖尿病・脳梗塞後遺
    drkikuimo.com/blog-entry-417.html
  3. 『暑中御見舞』 熱中症、腎障害にも!

    暑い日が続きますね。連日、夕方のゲリラ雷雨に見舞われていましたが、昨日は特別厳しかった様子でした。午後外来の受診患者さんも少なく、次回講演の準備を!と考えてましたが、残念ながら雷でパソコン作業中止でした。当直室のテレビで栃木県鹿沼市は1時間に67㎜と、放送されるのを見て、初めて外界の状況を知る呑気な
    drkikuimo.com/blog-entry-348.html
  4. 年末年始の年中行事にも『キクイモ』は活躍しますよ!

    やっと当直週間が終わった感覚です。今朝は午前2時半に叩き起こされ、患者さんの死亡宣告。4時半迄眠れず。その後6時半の明け時間迄仮眠。7時半に一旦帰宅し、朝風呂にドボンと入り、8時45分に出勤。外来には、インフルエンザ患者が目白押し。嘱託医契約している施設から、6名が外来受診。職員の方は2往復のピスト
    drkikuimo.com/blog-entry-241.html
  5. 『食育』  次世代への遺産・メッセージ

    本日午前は日光代診でした。旧日光市役所(現在の分所)は何時になく車が一杯!紅葉シーズンを思わせるようです。さすがに12月14日衆院選挙前で、役所も緊張感??一方、当方は朝からノンビリでした。先日アウトレットで買った犬用お洋服をリリィちゃんに一足早いクリスマスプレゼント。最初は戸惑って、洋服に噛みつい
    drkikuimo.com/blog-entry-237.html
  6. 『夢21 十月号』明日発売!驚愕のキクイモ効果に今後も目を離せない。

    いよいよ明日9月2日『夢21 十月号』(わかさ出版)が発売されます。夏休みのプールサイドで電話取材、メールでのやり取りを経ての出版です。本日、出版に先駆けて送られてきました。99ページから4ページ分が私の担当でした。スクープ特集『慢性腎臓病』について『キクイモ』が・・・。という記事になります。詳細は
    drkikuimo.com/blog-entry-181.html
  7. キクイモ講演会 復習その②

    『実際の臨床現場におけるケーススタディ』2010年夏、自身の体験より。キクイモ焼酎を入手し、友人と酒宴。高カロリーの肴で3人でカクテル4合。摂取前、摂取後120分の血糖値を比較し、3人とも20%血糖値低下。30年来糖尿病の84歳男性。2011年5月23日~6月25日ほぼ毎日毎食前血糖値測定。元々昼食
    drkikuimo.com/blog-entry-124.html

キクイモ医師のつぶやき 血糖値を下げる

昨日の外来。隣の診察室で外来担当の某大学K教授が大喜びで
お褒めの言葉を頂戴しました。

3月中旬に彼の外来に通う高血圧・糖尿病患者さんについて
糖尿病状態が悪化した為、血糖値のコントロールを依頼されました。

随時血糖250、HbA1C 10.1% 70代女性で、旅行好きなグルメさん。

早速、食事指導1400Kcalとオングリザ(5mg1錠)という糖尿病薬に加えて
キクイモについてお話し摂取を勧めました。

すると、3月 10.1% あったHA1Cが4月 7.6%、5月 6.9% 驚きです!!
途中三重県に旅行され美味しいモノを食べて来たという話でしたから!
K教授も「オングリザでこれ程下がる話ではない!先生の情熱とキクイモ効果!」
と太鼓判を押しつつ御満悦でした。

情熱云々はともかくキクイモの実力が垣間見えるエピソードです。何より患者さんの
状態が良くなった事とそれもストレス少なく前向きに取り組めるのが素晴らしいです。

「〇〇をしないといけない。××を止めないといけない。」といった一方的指導による
ストレスでは却って改善効果は・・・・・。
楽しんで、前向きにいきたいと感じますよね。

かつて、日光の80代男性糖尿病患者さんが、キクイモを摂取した上で下画像の
メニューを夕飯に食しました。

IMG_1953.jpg

年配で、糖尿病で薬内服しているのにこんな食事では・・・・。と思う
お医者さんもいるでしょう。

が、

食後2時間血糖値は 120でした。
そして一言「何でも食べれるかと思うと嬉しい!」

その後の経過も良好で、ウナギを食べた2時間後140。少々悪戯をしたら等々。
こちらも聞いていて嬉しくなります。
どんどん悪戯してみたら!とも言いたくなります。

それだけ長年我慢・苦労・ストレスだったのですから。。。。。

前回のブログで触れた、先日退院したインスリン注射中の患者さんも
キクイモを知って大喜びで帰って行きました。近くのお医者さんでの治療を
予定していましたが、糖尿病については多少遠距離でも再診するそうです。

もっともっと多くの方々に伝えないといけません。
糖尿病人口は増える一方ですからね。

本日昼休みに、9日講演会の会場へ出向き、パソコンの動作確認をしてきました。
『キクイモ』のお話を存分にしたいと考えます。
そこから、沢山の方々の健康に繋がれば幸いです。

自然食品の店 『ララカフェ』 です。こだわりの調味料が沢山並んでいます。
一つ一つ食品添加物に注意を払った商品群です。路を挟んで大型スーパーがありますが
お客さんも多く、9日の講演会にどれ位集まるか?楽しみです。

併設されたカフェでこだわりのランチを頂戴しました。
前回は春の竹の子豆乳カレー車麩カツにアイス黒糖ココア豆乳割でしたが
本日は

IMG_2655a.jpg

大豆ミートのカシューナッツ丼と玄米甘酒マンゴー豆乳ラテを注文しました。
お味良く、大変ヘルシーでその上お財布にも優しく有難い想いです。

次週9日はこの会場で思う存分お話したいと今から意気込んでます。

糖尿病に効くクエン酸

ホーム >

レモン梅干し
 
糖尿病に効くクエン酸

      2016/02/21

クエン酸は糖尿病に非常に効果があります。

糖尿病は血糖値が上がることにより、様々な症状が身体に現われますが、クエン酸は血糖値を下げる働きがあります。

クエン酸を継続して飲み続けることにより、半年で血糖値が半分以下に下がったという報告もあります。

 

■血糖値600⇒120

クエン酸を2週間飲み続けた結果の改善例です。

これはかなり大幅に改善された一例ですが、他にも

■血糖値276⇒117

これは10年以上糖尿病を患っていた人の例ですが、クエン酸を飲み始めてから約半年で、半分以下の数値まで改善されました。

他にも

■血糖値311⇒217 約半年間クエン酸を摂取し続けた方の改善例です。

■血糖値165⇒85

■血糖値124⇒85

■血糖値262⇒90

■血糖値489⇒120

※いずれも半年後の数値

このように、クエン酸は血糖値を抑えるために非常に効果があります。

医師から

「自宅で何かされていますか?」 と問われた時に、

「クエン酸を摂るようにしています。」 と答えたら、

医師は 「ぜひ続けて下さい。」

と言われたそうで、 クエン酸と出会って良かったと、血糖値が改善された患者は言っています。

もしあなたが糖尿病か、その傾向があると診断された場合、クエン酸を摂ることを検討されてはいかがですか?

副作用の心配も無く、インスリンなどの薬を投与しなくても、クエン酸で血糖値は下げることができる例が示されています。

クエン酸をAmazonで見る

 – 効果 , ,

太田成男教授による水素風呂のお話

水素風呂

体質がよくなる。

クリックしてください。

https://youtu.be/D_bfORxhmD0

https://youtu.be/D_bfORxhmD0
https://youtu.be/D_bfORxhmD0

水素EBM3『水素と糖尿病』(制作:日本機能性医学研究所 www.ifmj.jp)

血糖値がさがる。食欲がさげられる・