糖尿病が治る!?腸内細菌『バクテロイデス』不足

血糖値がきちんと下がる体質に改善することで糖尿病が改善するというから驚きです。

この画期的な糖尿病改善のキーとなるのが『腸内細菌』です。

 

腸内細菌が糖尿病改善


ためしてガッテンでは「腸内にはインスリン分泌を促すスイッチがある」と紹介していました。

ある腸内細菌には血糖値を下げるインスリン分泌を促す細菌が存在することがわかったのです。

その腸内細菌というのが「バクテロイデス」という腸内細菌です。

バクテロイデスが及ぼす影響

腸内のバクテロイデスが増えると、それに伴ってインスリン分泌を促すスイッチの増えます。

インスリン分泌が増えると血糖値も下がりやすくなり、糖尿病が改善するというわけです。

バクテロイデスの増やし方『便移植』


さて、では気になるのがバクテロイデスの増やし方です。

一番手っ取り早い方法が便移植です。

健康な人の腸内細菌を糖尿病の人に移植する方法なのですが、その方法というのが健康な人の便を水で溶かして直接患者の腸内に注入するという方法です。

ちょっと衝撃的ですが、大腸の病気の改善治療の一つとしてすでに確立されています。

ただし糖尿病の治療としてはまだ研究段階とされています。

バクテロイデスの増やし方『食事による増加』


バクテロイデスはどんな人の腸内にも存在している腸内細菌です。

このバクテロイデスは、イヌリンという食物繊維を摂取することで増加します。

イヌリンが多く含まれている食材
ごぼう
キクイモ
玉ねぎ
ニンニク

などです。その他、バクテロイデスは水溶性食物繊維をエサとしますので、その他の野菜を摂取することも有効です。

ねぎ
にんじん
アボカド
キノコ類
海藻類
納豆類

こういった食材が含まれている食べ物を一品加えて食事をすると、糖尿病の改善につながっていきます。

腸内のスイッチをさらに働かせる画期的な方法


食事の仕方を変えるだけでインスリンの分泌を促す腸内スイッチがさらに働くようになります。

その仕方とはとっても簡単!

おかずを先に食べて最後にご飯(炭水化物)を食べるだけ。こんな簡単な方法でインスリンの分泌がさらに促されるようになります。

『糖尿病が治る!?腸内細菌『バクテロイデス』の驚くべき効果!』のまとめ

ためしてガッテンでは、「腸内細菌をペットだと思って、えさを与えるつもりで育てていく」と考えると、一品加える事も苦ではなくなると言っていました。

確かに自分のためだと思って食事制限をするよりも、体内のかわいいペット(腸内細菌)のために食事を与えてあげていると考える方が、やる気力が出てきますもんね。

なおバクテロイデスを増やすこの方法は、体質改善を目的とした方法ですので時間がかかります。

キクイモ医師のつぶやき 血糖値を下げる

昨日の外来。隣の診察室で外来担当の某大学K教授が大喜びで
お褒めの言葉を頂戴しました。

3月中旬に彼の外来に通う高血圧・糖尿病患者さんについて
糖尿病状態が悪化した為、血糖値のコントロールを依頼されました。

随時血糖250、HbA1C 10.1% 70代女性で、旅行好きなグルメさん。

早速、食事指導1400Kcalとオングリザ(5mg1錠)という糖尿病薬に加えて
キクイモについてお話し摂取を勧めました。

すると、3月 10.1% あったHA1Cが4月 7.6%、5月 6.9% 驚きです!!
途中三重県に旅行され美味しいモノを食べて来たという話でしたから!
K教授も「オングリザでこれ程下がる話ではない!先生の情熱とキクイモ効果!」
と太鼓判を押しつつ御満悦でした。

情熱云々はともかくキクイモの実力が垣間見えるエピソードです。何より患者さんの
状態が良くなった事とそれもストレス少なく前向きに取り組めるのが素晴らしいです。

「〇〇をしないといけない。××を止めないといけない。」といった一方的指導による
ストレスでは却って改善効果は・・・・・。
楽しんで、前向きにいきたいと感じますよね。

かつて、日光の80代男性糖尿病患者さんが、キクイモを摂取した上で下画像の
メニューを夕飯に食しました。

IMG_1953.jpg

年配で、糖尿病で薬内服しているのにこんな食事では・・・・。と思う
お医者さんもいるでしょう。

が、

食後2時間血糖値は 120でした。
そして一言「何でも食べれるかと思うと嬉しい!」

その後の経過も良好で、ウナギを食べた2時間後140。少々悪戯をしたら等々。
こちらも聞いていて嬉しくなります。
どんどん悪戯してみたら!とも言いたくなります。

それだけ長年我慢・苦労・ストレスだったのですから。。。。。

前回のブログで触れた、先日退院したインスリン注射中の患者さんも
キクイモを知って大喜びで帰って行きました。近くのお医者さんでの治療を
予定していましたが、糖尿病については多少遠距離でも再診するそうです。

もっともっと多くの方々に伝えないといけません。
糖尿病人口は増える一方ですからね。

本日昼休みに、9日講演会の会場へ出向き、パソコンの動作確認をしてきました。
『キクイモ』のお話を存分にしたいと考えます。
そこから、沢山の方々の健康に繋がれば幸いです。

自然食品の店 『ララカフェ』 です。こだわりの調味料が沢山並んでいます。
一つ一つ食品添加物に注意を払った商品群です。路を挟んで大型スーパーがありますが
お客さんも多く、9日の講演会にどれ位集まるか?楽しみです。

併設されたカフェでこだわりのランチを頂戴しました。
前回は春の竹の子豆乳カレー車麩カツにアイス黒糖ココア豆乳割でしたが
本日は

IMG_2655a.jpg

大豆ミートのカシューナッツ丼と玄米甘酒マンゴー豆乳ラテを注文しました。
お味良く、大変ヘルシーでその上お財布にも優しく有難い想いです。

次週9日はこの会場で思う存分お話したいと今から意気込んでます。

前立腺肥大を独力で治した方法

62才で前立腺肥大症の症状が現れ、64才で薬を飲み始めた男が、

自力で治した方法

前立腺肥大症の薬、⇒漢方薬⇒菊芋 [前立腺肥大] 

前立腺肥大を独力で治した方法の第5回

前立腺肥大症と診断がくだされ
(2010年10月21日:平成22年)
最初に処方された治療薬は、名前は忘れましたが
確かα-遮断薬だったと記憶しております。

朝立ちがなくなり更に逆行性射精が発生したため
漢方薬に変更しもらいました。

確か猪苓湯だったと思います。

漢方薬に変更してからは、
勃起障害と射精障害(逆行性射精等)は解消しましたが
肝心の排尿困難の改善は、α-遮断薬よりかなり悪くなりました。

薬価は漢方薬の方がかなり高価でした。
中々、希望するような効果にならないものです。

そうそう、
これらの薬は、前立腺肥大を治す薬ではなく、

要するに、
症状を止めるだけのものなのです。
従って、薬を止めると又症状が出てくるのです。

そうしている時、12月年末近くのことでした。
近くのJA直売所に、キクイモ(菊芋)が入荷してきました。

続きを読む

ためしてがってんのサイトから転載、アルツハイマー病の原因は炭水化物

アルツハイマー病の原因は?

ドクター江部の糖尿病徒然日記 

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2247.html

アルツハイマー型認知症 は、たくさんある認知症の原因の中で最も患者数が多く、その半分以上を占める病気です。 この病気を引き起こす原因はアミロイドβと呼ばれる老廃物。脳で作り出され数十年かけて脳にたまっていき、
脳細胞の破壊の元凶となります。

このアミロイドβ、誰の脳でも作られるんですが、通常はこれを分解してくれる素晴らしい酵素があります。仮に「チョキチョキくん」と呼びましょう。 チョキチョキくんが正常に活躍できていればアミロイドβは次々に分解され、脳にはたまりません。ところが、体がある状態になるとチョキチョキくんは活躍で きなくなりアミロイドβを分解できなくなってしまう
んです!チョキチョキくんを邪魔する「ある状態」とはいったい何なのでしょう?

チョキチョキくんを邪魔する者は?

チョキチョキくんを邪魔する「ある状態」とはいったい何なのでしょう? 続きを読む