そっと教えます!認知症の原因となる食材の正体を暴露! #武田邦彦

天ぷら油、サラダ油、ケーキ、お菓子の植物油

胡麻油、大麻油、椿油・・・昔から

活性酸素、運動不足、微小血管が詰まる

 

次の検索結果を表示しています: 武田邦彦認知症 元の検索キーワード: 武田国彦認知症

 

そっと教えます【武田邦彦】背筋が凍る認知症の”真の原因” ☆チャンネル登録はこちら→http://bit.ly/2jcB89E ↓↓↓オススメ動画↓↓↓ ※【

12:06

武田邦彦 認知症の原因は〇〇だった! おすすめ動画です 上念司・武田邦彦 日本の技術が高い理由はコミュ障男性!男女格差の根本は

11:06

チャンネル登録はこちらをクリック↓ https://goo.gl/ycC8bG ============= 【武田邦彦】欠陥生物人間が地球の為にすべき

11:56

チャンネル登録はこちらをクリック↓ https://goo.gl/ycC8bG ============= 関連動画 【武田邦彦】人間は何の為に生きている

11:59

武田邦彦 認知症にならないためにはこれは食べちゃだめ! チャンネル登録お願いしますhttps://www.youtube.com/channel/

11:10

武田邦彦 認知症予防に毎日〇〇を使う効果 引用:http://takedanet.com/archives/1013318406.html.

11:50

武田邦彦 ブログ 音声】認知症が嫌ならすぐこれをやめなさい!医学者が注意喚起!【武田教授 youtube】 おすすめ動画 【武田邦彦】真実を

10:56

武田邦彦 ブログ 音声】認知症の一番の原因は○○である!【武田教授 youtube】 おすすめ動画 【武田邦彦】真実を言ってメディアから消され

11:07

武田邦彦認知症予防に一番の方法を伝授!※必聴※ ◇オススメ動画 三橋貴明×勝谷誠彦【神解説】日本最大の問題と再生方法はコレだ

10:13

武田邦彦認知症を防止するカンタンな方法 ○関連動画 【武田の乱】日本人は力より思想が先の民族になるべきだ #武田邦彦 https://youtu.

11:02

武田邦彦 ブログ 最新】認知症にならないための簡単な方法!【武田教授 youtube】 チャンネル登録よろしくお願いします。 関連動画 【武田邦.

10:07

チャンネル登録は、コチラ ⇒ https://goo.gl/076L2a 最新動画はコチラ ⇒ https://goo.gl/0oPH8q 関連動画 須田慎一郎と武田邦彦が語る共

11:15

武田邦彦 認知症が嫌なら今すぐこれを止めなさい!! ゾッとするお話 [武田邦彦 認知症] ◇◇武田先生のあらゆる角度からの知識をお送り…

11:56

日本栄養脂質学会の奥山会長などの長年の基礎的なご研究で、「植物油」というのが一般に言われているほど安全ではないこと、というより

11:04

武田邦彦認知症を防ぐための方法!※必聴 チャンネル登録はこちらから! →https://www.youtube.com/channel/

11:57

世間で話題のニュース ⇒ http://bit.ly/2sLgv5C 武田邦彦 厳選動画 ⇒ http://bit.ly/2x5UzFG 【保存版】正しい血圧の下げ方・数値とは?医者

10:05

武田邦彦認知症の原因を教えます!決してメディアは表に出さない真の理由 チャンネル登録はコチラ⇒https://goo.gl/YixXAP ジャパン・

9:36

チャンネル登録は、コチラ ⇒ https://goo.gl/076L2a 最新動画はコチラ ⇒ https://goo.gl/0oPH8q 関連動画 武田邦彦 認知症を防ぐ2つの

11:01

武田邦彦が伝授!今から出来る

 

 

 

恐い活性酸素 認知症

www.wataclub.net/supplement/health/he_alle_ksn.html

成人病、ポリープ、老化、アレルギー、痴呆、等はこの活性酸素原因で引き起こされます。 「活性酸素」は、私 … また、アルツハイマー型痴呆症の研究でも、この病気に冒されている人の脳を調べると、過酸化脂質が多いことがわかっています。過酸化脂質は …


通常、体内酸素の2~3%を占め、体内に侵入した細菌を殺したり消毒作用を行う物質です。しかし、非常に不安定なため、そばにある物質を片っ端から酸化させてしまい、ガンをはじめとする生活習慣病の原因ともいわれています。喫煙をはじめとする汚染物質を体内に取り込んだり、ストレスなどによって増加します。この活性酸素を抑制するのが抗酸化物質です。

活性酸素の発生要因

人間を含めた生物が呼吸し、新陳代謝をしているときには、酸素の約2%が”酸素毒”といわれる「活性酸素=フリーラジカル」になります。
「活性酸素」は毒性が強く、細胞、血管、組織の至る所に毒を撒き散らし、まるで鉄が錆びるように私たちの体をむしばんでいきます。成人病、ポリープ、老化、アレルギー、痴呆、等はこの活性酸素が原因で引き起こされます。
「活性酸素」は、私たちの体の中に侵入してくるバイ菌や、有毒物質を貧食する殺菌の役目をしてくれる大事な物質ですが、地球環境の急速な汚染、ストレス、ウィルス、細菌、食品添加物、農薬に汚染された食物、薬などの化学物質、車の排気ガス、紫外線、ストレス、タバコ、その他たくさんの原因で大量の活性酸素が体内で必要以上に発生しています。

この活性酸素は非常に酸化力が強く、異物を溶かす作用が過剰になって正常な細胞まで貧食し、脂質と結合して、「過酸化脂質(細胞を傷つけ破壊し、人体に害を及ぼす厄者)」となり、さまざまな障害を与えるようになります。
私達にとって必要不可欠な酸素、この酸素が逆に私達の身体を蝕んで老化を促進し、ガン、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病など様々な病気の原因となっています。
活性酸素はこのように根が深く私たちを悩ます病気のおよそ9割もの原因となっています。

・組織細胞が攻撃を受けて弱る・・・・・老化
・遺伝子に傷が付く・・・・・・・・・・・・・・・難病・ガン 等
・アレルギー反応を起こす・・・・・・・・・花粉症、アトピー、喘息 等
・炎症を起こす・・・・・・・・・・・・・・・・・・リュウマチ・関節炎 等
・過酸化脂質を作る・・・・・・・・・・・・・・成人病(動脈硬化 等)
・潰瘍、ポリープなどを作る・・・・・・・・ガン 等
・ホルモンのバランスを崩す・・・・・・・生理不順・不眠・更年期障害 等

活性酸素の働き

酸素が人間にとって必要不可欠であることは、子供でも知っています。
でも、活性という言葉のイメージと裏腹に、活性酸素は成人病の85%を引き起こす元凶であることが分かっています。

私たちは常時呼吸をして、体に酸素を取り入れています。そのほとんどは、水素と結合して水になるのですが、中には分子構造にゆがみを生じた安定しない酸素も出現します。これを活性酸素と呼びます。呼吸によって摂取した酸素のうち約2%がこうした不安定な状態にあるといわれています。
これらの酸素は早く安定しようと、結合できる相手を探して、がむしゃらに暴れまくります。活性とは、その性質を表した物です。
体内での活性酸素の働きは、悪者としてばかりではなく、侵入してきた細菌などの病原体を排除する作用も持っています。ですから、問題なのは、過剰に活性酸素が発生した場合です。脂質と反応して、細胞を傷つけ破壊する、過酸化脂質という物質に変質してしまうのです。その結果、老化を促進し、成人病を誘発するのです。

活性酸素が引き起こす可能性のある症状

 

現代社会では、活性酸素の過剰発生をもたらす原因が蔓延しています。ストレス・タバコ・アルコール・大気汚染・放射線・紫外線・農薬・食品添加物など、身近な様々な要素が活性酸素を生み出すことが分かっています。スポーツなどで大量の酸素を消費したときも、過剰な活性酸素が発生します。
また、アルツハイマー型痴呆症の研究でも、この病気に冒されている人の脳を調べると、過酸化脂質が多いことがわかっています。過酸化脂質は脂質に活性酸素が結合して生じる物質です。そのことから、活性酸素との関わりが疑われています。アルツハイマーに対してはまだ特効薬が開発されていないので、予防の意味で脂肪を摂りすぎない、また、フリーラジカル(活性酸素)と戦う抗酸化物質を摂取するなど食生活での対策が重要です。
この他、糖尿病・パーキンソン病・アトピー性皮膚炎・胃、十二指腸潰瘍・やけど・てんかん・白内障など、ありとあらゆる病気に活性酸素が関与していることが最近になってわかってきました。

続きを読む

老化の原因は、活性酸素だった!?

老化の原因は、活性酸素だった!?

 

見出し 活性酸素が身体の機能を衰えさせる

 

 

老化とは一般的に「歳をとるにつれて身体の機能が衰えること」とされている。この原因について 最近、「活性酸素によって身体の細胞や組織が酸化して変質し、機能が衰える」のではないかという『活性酸素説』が注目されるようになってきた。

この説を最初に主張したのはアメリカの研究者。彼らの研究で、活性酸素が体内に次のような影響を与えることがわかったのだ。

その1遺伝子(DNA)を形成する核酸を酸化させて変質させ、がん細胞などを発生させる

その2細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸を酸化させて、過酸化脂質を作り、細胞や組織を破壊する

その3老化色素と言われるリボフスチンを作り、細胞の動きを止める

 

 

見出し 老化現象と活性酸素

 

 

老化現象としては具体的に、運動機能や内臓の機能の低下、物忘れ、眼の白内障、皮膚のしわなど、病気とまではいかない衰えのほか、血管が衰えて動脈硬化などにかかりやすくなるといったことがあ げられる。最近では、こういった現象に活性酸素が深く関わっていることが分かってきている。

 

 

皮膚のしわ 太陽の紫外線は身体の表面を通り抜ける。そして、皮膚細胞内の水分やスーパーオキシド、過酸化 水素などを刺激して、最も有害なヒドロキシラジカルを大量発生させてしまうのだ。ヒドロキシラジカル は皮膚の弾力を保つたんぱく質コラーゲンなどに取り付いて破壊してしまう。結果、皮膚のハリがなくなって、しわに なってしまうのだ。
白内障 目のレンズのはたらきをする水晶体という部分が黄色や灰白色ににごる病気。レンズがにごるわけだから、そのままにしておくと視力を失ってしまう。

眼も皮膚と同様、常に紫外線にさらされている、活性酸素発生量の多い器官だ。この攻撃から自らを守るため、水晶体の表面には活性酸素の影響をおさえる酵素やビタミンCが豊富に含まれている。ところが歳をとるにつれて酵素の量が減り、活性酸素の影響をおさえられなくなるため、白内障になりやすいのではないかと考えられている。

関節炎など ひじやひざの関節が痛むリウマチ性関節炎も老人に多い病気。この病気は身体の免疫機能がおかしくなってしまうのが原因。白血球が自分の細胞を敵とみなし、活性酸素を撒き散らして攻撃するため、炎症や痛みが起こるのである。関節には活性酸素に対抗する酵素などが少ないため、集中的にやられてしまうのだ。
認知症 認知症には「アルツハイマー性認知症」と「脳血管性認知症」がある。「アルツハイマー性認知症」の原因はまだはっきりとはわかっていない。ただ、活性酸素によって脳の脂質が酸化されてできる〝老人斑〟が異常に多いため、活性酸素が原因ではないかと疑われている。「脳血管性認知症」の場合、大元の原因は動脈硬化。活性酸素などが動脈硬化を促進させた結果、脳の血管がつまって脳こうそくや脳出血になり、後遺症として起こる認知症である。
生活習慣病にかかりやすい 中年以降かかりやすくなる、動脈硬化、糖尿病やがんなどの生活習慣病の発生にも、活性酸素が大きな役割を果たしていることがわかってきている。

詳しくは「生活習慣病を悪化させる活性酸素」