塩分過多は存在しない!?体に必要な「塩加減」【CGS 和泉修 健康と予防医学 第52回】

塩分過多は存在しない!?体に必要な「塩加減」【CGS 和泉修 健康と予防医学 第52回】

https://youtu.be/3xZQp3BcsOQ

塩分増やすときは、先に蛋白を抜いてください。

便秘は塩不足。麦茶に塩、すいかに塩。

塩不足で透析増加する。

ヨーグルトより味噌汁、床づけ。

人工透析と腎臓のお話【CGS 和泉修 健康と予防医学 第53回】

 

 

https://youtu.be/pdJHizNKngo

カルシウムは万病の因!?【CGS 和泉修 健康と予防医学 第54回】

牛乳、乳がん   牛乳は危険?

 

https://youtu.be/ilr5i9SCa-E

食事摂取基準「上限量」のはなし【CGS 和泉修 健康と予防医学 第51回】

https://youtu.be/g8HOlttoc2k

日本人は栄養を「摂り過ぎ」ている?吉本芸人が紡ぐ、健康のはなし【CGS 和泉修 健康と予防医学 第50回】

 

 

 

小食の人は若い?小食生活を2か月続けた結果

小食の人は若い?小食生活を2か月続けた結果

4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s<img class=”aligncenter size-medium wp-image-143″ src=”https://i2.wp.com/samayoibiyou.velvet.jp/WP/wp-content/uploads/2015/06/4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s.jpg?resize=300%2C200″ alt=”4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s” srcset=”https://i2.wp.com/samayoibiyou.velvet.jp/WP/wp-content/uploads/2015/06/4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s.jpg?resize=300%2C200 300w, https://i2.wp.com/samayoibiyou.velvet.jp/WP/wp-content/uploads/2015/06/4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s.jpg?w=640 640w” sizes=”(max-width: 300px) 100vw, 300px” data-recalc-dims=”1″ />

こんにちは。悪あがきマルエです。

前の職場に自分より1つ上なのに20代に見える若い女性がおりました。

その方は夜中まで働くハードワーカー、しかも小さいお子さんを持つお母さん!
肌はきめ細かくきれいで、体型がとてもスリム。出産したとは思えないくらいのスタイル!

すごいなぁ、いいなぁ、若く見える秘訣はなんだろうと思っていましたが、彼女の意外なことが分かりました。

ごはんを食べない。

最初は仕事が忙しすぎて食べる暇がないのかと思っていたのですが、仕事が落ち着いても食事に行かない事に気が付きました。

ダイエット?
節約?

思い切って聞いてみたところ、

「私、昔から1日1食しか食べないんです」
という回答。

3食食べると苦しくなるそうで、朝食以外は食事をとらないそうです。

小腹が空いたらチョコや小さいお菓子を少し食べるだけで満足するとのこと。

 

小食の本を読みまくり

ちょうどその頃から、タモリさんが1日1食だの、ファスティングだの小食や食事回数を減らす本をよく目にするようになりました。

自分なりにまとめると小食や食事回数を減らすことで以下の通りの効果があるようです。

 

・空腹を感じることで、サーチュイン遺伝子(若返り遺伝子)が活性化する

・食後の身体は消化にものすごい体力パワーを使うため、食べない=消化にパワーを使わない=臓器を休ませる事になる。

・臓器が休むので、普段消化作用で手一杯で、手が回りにくい部分の修復ができる

・貯めこまずに老廃物が出やすくなる=デトックス効果がある=肌がきれいになる

・そもそも人間は長年飢餓と闘ってきた生物なので、食の飽和状態に身体が慣れていない

・近年の癌や成人病などの病気は食べ過ぎや添加物の摂りすぎが原因

その頃、朝昼夜ガッツリ+おやつも食べていた私は目から鱗です。
3食しっかり取らないと身体に悪いんだと思っていました。

ならばとチャレンジです。

 

1日2食または3食少なめでスタート

生活のサイクル上、1日2食にまず減らすことに変更。夕ご飯を抜きました。

ゆる~く体に慣らすことからチャレンジ。

2食と言っても、厳密に2食以外は何も口にしないのではなく(絶対挫折するorz)口さびしくなったらナッツをちょっと間食したり、甘酒とココアを混ぜたものを飲んだり、自分なりに極力消化に負担をかけない事を心掛けてみました。

 

思わぬ効果

数日後、様々な変化が。
毎日お腹がスッキリ!食べてないのに!

お腹が凹む!特に下腹が平ら!

ダイエットではなかったけれども、勝手に体重が落ちました。1か月で3.5キロくらい。

特に下腹が引っ込んだのは驚きました。
お腹出てるのは自分のデフォルト仕様だと思っていたのに、食べ物が詰まっていたとは・・・。

おかげで、私は普通に3食食べてれば年がら年中お腹が出る人間だということも分かりました。新たな発見orz
たまに3食ふつうに食べると、でかい下腹が即座に復活します。う~ん、分かりやすい(^_^;)

 

2か月後、実感したメリット

体重が5キロ減った。
寝起きが良くなり体もスッキリ
お腹が鳴らなくなった

お腹が鳴らなくなったのは意外な効果でしかもありがたいです。会議とか試験とか、シーンとしたところでお腹鳴るとめっちゃ恥ずかしいですよね(笑)

 

これはちょっと・・・デメリット?

便秘気味になった(最初はお腹すっきりだったのになぜ!?出すための総量が減ったから?)
バストが減ったorz
若返ったかどうかは分からない

現在も、極力小食を続けています。それとプラスして糖質制限や小麦制限を併用しながら自分の身体にどういう変化が起こるのか、面白がりつつ実行中です。

 

参考になった本

16世紀、医療が現代のように発達していない時代に、102歳まで生きたルイジ・コルナロさん。
大病から奇跡的に復活し、それから小食に目覚め、小食がいかに素晴らしく、食べ過ぎがいかに悪い事かトツトツと語られています。

 

タイトルに惹かれて購入(笑)
こちらも現代人が食べ過ぎであることを警告し、断食(ファスティング)のメリットや効能を力説しています。
個人的にはこのオジサマ好きなんですけど、下ネタちっくな話や過激な主張もあるので、苦手な人もいるようです。