高K,低Na 筋肉麻痺 アルドステロン症 症状 対策

病院の薬では、治らないようだ。糖尿病退院のちの症状だが、原因はふめい。

針、灸医院では数回の治療でどうにかなりそうです。

副腎のホルモンが以上にでている。

看護師になってみる研究会 内分泌 病態 第9回 原発性アルドステロン症

鍼灸 吹田 | やわらぎ江坂治療院 – 心臓弁膜症とアルドステロン症インタビュー動画

高かった血圧を薬を使わず無理なく下げる方法

足の状態、首くぉ柔らかくすれば、副腎、腎臓の状況が改善するらしい。
副作用のある薬より効果的。

小児難病5 49偽性低アルドステロン症の症状・治療について

腎不全監視の手段 腎不全監視 腎臓の危険信号 腎臓のサイン 血液検査 クレアチニン値に注目 定期検査

腎臓病 電解質

慢性腎臓病の合併症

www.twmu.ac.jp/NEP/mansei-gappei.html

慢性腎臓病(CKD)ステージ3~5においては、腎機能障害に伴い、. (1)尿濃縮力障害. (2)高窒素血症. (3)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症). (4)代謝性アシドーシス. (5)腎性貧血. (6)二次性副甲状腺機能亢進症. など、さまざまな合併症が出現し …

腎不全の電解質異常 – Things in the closet

www.okotono.net › 医学 › 腎泌尿器

2016/02/26 – 基本的な考えとしては 急性腎不全→ほぼ全てのネフロンが機能障害になる=糸球体濾過量は低下し、色々なものを排泄できない 慢性腎不全→一部のネフロンが機能障害=生き残ったネフロンは死んだ分まで仕事をする=1つのネフロン …

腎臓の働きと検査

home.hiroshima-u.ac.jp/expertpt/jinzounohatarakitokensa.html

腎臓の働きの絵、からだの電解質の濃度を一定に保つ. 3.血圧の調整 … 腎機能が低下すると腎臓から排出されず、血液中にたまり、クレアチニンの値は上がります。 …. より正確にどのような病気によって腎臓が悪くなったのかを調べるための検査です。 腎臓の …

慢性腎不全のときの電解質変化の覚え方 | えさきち。

kumicho.asia › 内分泌

2016/10/10 – 腎臓は老廃物や毒素を尿として体外に排出したり、必要な電解質を再吸収したり過剰な電解質を体外に分泌したりして恒常性を保つ重要な臓器です。 慢性腎不全では電解質のバランスが崩れます。ここでは慢性腎不全における電解質 …

腎臓病とは | 腎臓病について | 一般社団法人 全国腎臓病協議会(全腎協)

www.zjk.or.jp/kidney-disease/about/index.html

腎臓の機能はいちど失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります(急性腎不全の場合は機能が回復することもあります)。 …. 電解質の調節, 電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなど)の濃度や量を調整する. 4.

1.1腎臓の働き | 独立行政法人国立病院機構 千葉東病院

www.chiba-easthp.jp/introduction/s39/ishoku02/

腎臓の働き □尿として老廃物を出す (腎臓は血液を濾過して老廃物(や塩分)を尿として体の外へ追い出してくれます) □水分の調節 沢山の水分を取った時には、尿量を … 電解質のイオンバランスを正常に保つ 電解質とは、ナトリウム、カリウム、などのことをいいます。 … 老廃物や有害物質が体外に排泄されなくなることにより、体内が酸性に傾く事で免疫力が低下し病気にかかりやすくなり、疲労感・脱力感を感じるようになります。

働き②水・電解質のバランスの維持|腎臓病といわれたら.com

ckd45.jp/ja/home/work-of-the-kidney/w2-balance-of-water-and…/index.php

2014/03/13 – 水・電解質のバランスの維持. 人間の体内の水分(体液)量は食事や運動などにより日に日に変化しますが、腎臓は尿の濃さや量を調節することで、体内の水分バランスを一定に保っています。 また、体液に含まれる重要な電解質(ナトリウム・ …

腎臓病、電解質、高血圧 – UMIN

square.umin.ac.jp/seedbook/

腎臓の糸球体という部分で濾過、尿細管という部分で再吸収を行っています。 濾過された血液(原尿と言います)を再吸収する過程で調節されるため、 尿細管での再吸収過程が体液の調節に重要な役割をはたします。 腎臓病のページで腎臓の異常が原因となる …

腎臓の構造と働き:体液の調節:大阪府立急性期総合医療センター腎臓 …

plaza.umin.ac.jp › トップページ › 腎臓病とは › 腎臓病の構造と働き

細胞外液の電解質の濃度は細胞が生きていくために非常に重要な要素です。腎臓が正常であれば、飲み食いによって口から入る量に関係なく電解質の濃度は一定に保たれています。 … トップページ > 腎臓病とは > 腎臓病の構造と働き > 体液の調節 …

腎不全|病気について|国立循環器病情報サービス – 国立循環器病研究 …

www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/renal-failure.html

2013/11/28 – 電解質には、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、クロール(Cl)、マグネシウム(Mg)、リン(P)、重炭酸(HCO3)などがあります。腎臓はこれらの電解質の濃度を正常に保ち、体内で生じた酸性物質を重炭酸(HCO3)で中和して …

腎臓 塩不足

減塩ネット

クリックしてください。

http://gen-en.net/sio-lack.html より~

塩と体のはなし

塩と体のはなしTOP > 過度な塩分不足は命にかかわる

過度な塩分不足は命にかかわる

「体内でナトリウムが不足すると体で何が起きるのか」

塩のイメージ体内でナトリウムが不足すると、細胞内や骨に蓄えられているナトリウムが細胞外液(血液やリンパ液、胃液などの消化液)に放出され、塩分濃度を調節しようとします。 また、ナトリウムの排出を抑制するため、血液によって腎臓に運ばれたナトリウムは一度濾過され、その後尿細管で再吸収され、再び細胞外液(血液やリンパ液、胃液などの消化液)に送られます。


「体に現れる症状」

ナトリウムが不足すると体には次のような症状が現れます。

体に現れる症状1 -めまいやふらつきを起こす-

塩分摂取が不足すると、体内の塩分濃度を保つため汗や尿などからのナトリウムの排出を制限します。 同時に体内にあるナトリウム量にあわせて水分を調節するため、体内の水分も少ない状態に保ちます。 体内の水分量が減るということは血液量も少なくなるため、血液による脳への酸素供給が減少してめまいやふらつきが起こります。

体に現れる症状2 -食欲減退・脱力感-

塩分摂取が不足すると、体内塩分濃度の関係から細胞外液(血液やリンパ液、胃液などの消化液)も少なくなります。 消化液が少なくなると当然消化できる食物量も少なくなるため、だんだんと食欲がなくなります。 食事量が減ると栄養摂取量も少なくなるので、体の機能が衰え、体がだるくなり脱力感があります。

体に現れる症状3 -脱水症状や筋肉異常-

スポーツ中や、汗を大量にかく仕事をしているときは、水分と一緒に塩分を多く摂るようにとよく言われます。汗をかくと塩分も一緒に排出され体内の塩分濃度が低くなるので、それを補う必要があります。 汗を大量にかいたとき、水分はよく補給しますが、塩分補給が十分でないと、体内の塩分濃度がさらに低くなります。低い塩分濃度に合わせるために、水分をたくさん排出しようとします。そのため、体内の水分は更に不足し、脱水症状や熱中症などが起こります。

また、運動中は、発汗による水分排出への対応と運動による血流配分の変化から、腎臓の機能が抑制されると言われています。そのため汗を大量にかいても塩分補給が少ないと、ナトリウムは排出される一方ですから、筋肉からもナトリウムが奪われ、体内の塩分濃度はさらに減少します。 この状態がひどくなると、筋肉の伸縮に必要なナトリウムが不足することから、伸縮信号に異常が生じ、意識外で勝手に筋肉が収縮するという症状(けいれん)が起こります。

体に現れる症状4 -精神障害や昏睡状態-

水を大量に飲んで体内の塩分濃度が一気に下がると、神経伝達が正常に働かなくなり、嗜眠(しみん※1)や精神錯乱が起き、さらに症状が進むと昏睡状態になる可能性があります。

※1 睡眠が続き、刺激に対する反応が極度に鈍くなる。強い刺激を与えないと目覚めないという意識障害の一種。

そのほかの塩と体のはなし
塩の働き
人間の体に必要な塩分量
過度な塩分不足は命にかかわる
塩分を摂り過ぎると
ナトリウム量を塩分換算する
塩分を摂り過ぎたらどうする?

 

 

足がつるのは何が原因!?病気の可能性もあるって本当なの?

健康

足がつる 原因 病気

足がつると、どうしようもない痛みに苦しみますよね。
この「足がつる」という症状、クセになってしまうのが困った点です。

では、足がつるのは一体何が原因になっているのでしょうか?
また、この症状から考えられる病気はあるのでしょうか?

そこで、そんな辛い「足がつる」という症状の原因や、それが関係する病気を紹介します。

足がつる※その原因は!?

足がつる症状は、筋肉の異常収縮によって起こります。

そして、この筋肉の異常収縮という症状を引き起こす原因として考えられるのが、以下のようなものです。

・運動不足
・筋肉疲労
・水分不足
・体液中の電解質異常

これらの原因による足がつるという症状は、一過性のもので、いわゆる「クセになる症状」とは少し違っています。

そして、クセになる「足がつる」症状の原因として考えられることは以下のようなものです。

・糖尿病・椎間板ヘルニア・動脈硬化・甲状腺異常などの病気
・妊娠中
・降圧剤や抗高脂血症剤、ホルモン剤の副作用

足が頻繁につることで悩まされる方は、これらの原因の中に、思い当たるものがあるという方も多いのではないでしょうか?

一過性のものであれば、原因を知れば対策は可能です。

ですが、慢性的に起こる足がつる症状は、原因も慢性的なものなので対策も難しくなりますね。

足がつる※病気が原因!?

足がつる症状の原因には、実は恐ろしい病気が隠されている可能性もあります。

糖尿病や椎間板ヘルニア、甲状腺異常といった病気が原因で頻繁に足がつることがある、というのは先ほどの原因でも述べました。

中には、頻繁に足がつるために、対策したくて病院を受診してみたところ、閉塞性動脈硬化症や腎臓病などの重大な疾病が発覚したということもあります。

足がつる原因になる病気は、深刻なものが非常に多いので、早めの対策が必要です。

放置したことにより、足を切断しなければならない重大な事態に発展してしまったという話もあります。

たかが足のこむら返りと、甘く見て放置するのは良くありません。

明らかに何度もこむら返りを繰り返しており、異常を感じている場合には、無理せず病院を受診してみましょう。

足がつる場合に、まず受診するのは整形外科です。

整形外科医の中には、こむら返りに詳しい先生もいることがあるので、事前にそのような先生を探してみると良いですね。

また、他にも体調面で不安がある場合には、内科を受診して「頻繁に足がつる」という症状を伝えてみましょう。

詳しい検査により、原因となっている病気が発覚するかもしれません。

足がつる※対策法

足がつると激しい痛みを伴いますし、非常に強いストレスを感じますね。
そんなこむら返り、どのように対策すれば、解消することができるのでしょうか?

まず、足がつる症状に対する対策法で有効なものの1つが、ストレッチです。

つっている時の足は、指がおかしな方向に曲がっていたりします。
これをゆっくりと元の位置に戻してあげましょう。

ただし、この時に無理やり戻してしまうと、肉離れなどさらなる悪化を招く可能性があります。

痛みがひどくても、冷静になり、ゆっくり丁寧にもどしていきましょう。

それから、足がつった時は痛みがあるために、どうしても冷やすという発想が出てきてしまいます。

ですがこれは間違い。

足がつった時には、幹部に温めたタオルなどを当て、血行促進したほうが効果的です。

さらに、ある程度痛みが治まったら、心臓に向かってふくらはぎを優しくマッサージし、筋肉をほぐしていきましょう。

血行を良くすると、足がつる原因である筋肉の異常収縮を抑えることができます。

まとめ

誰もが1度は経験したことのある、足がつるという症状。

原因には様々なことが考えられますが、中には恐ろしい病気が潜んでいることもあるのですね!

甘く見ずに、できるだけ早く医療機関を受診し、足がつるという辛い症状から解放されると共に、病気の早期発見にも役立てましょう!

また、足がつってしまった時には、正しい対策法でできるだけスムーズに痛みから解放されたいですね。

腎臓に効く鍼灸経絡治療

腎臓に効く鍼灸経絡治療(自律神経調整による免疫活性療法)
人工腎臓透析を始める前に、始めた方も少しでも自分の腎臓を使えるように、鍼灸治療を試してみませんか?
漢方的に腎臓について考察してみました。
鍼灸治療は、体にやさしい、有効な腎臓病の治療法です。

http://naosuzo.net/wp-admin/post-new.php

完全予約制です。TEL:072-853-2166 OR TEL:072-396-7604
大阪枚方市の福本鍼灸院の腎臓病の予約メール質問・予約メール
福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ


①漢方における腎臓


漢方では、腎臓のことを腎といい、これは腎臓の作用を示す言葉で
具体的には、副腎機能と腎臓本体の機能の二つを分けて表しています。
副腎機能については、全身の細胞の活性化や緊急時の対処などについて
中心的な役割を果たしています。
また、腎臓本体については、主に血液中の不用物の体外排泄、
骨髓に作用して血球を作ること、全身の体液の調節などです。


②副腎の作用、ホルモン分泌

続きを読む