牛乳は万病の元

牛乳は子牛が飲むものであって親牛がのむものでもない。まして人間が飲んでいはずはない。全てがこれに尽きます。

http://www.wa.commufa.jp/~kou-bs/kawaraban/gyuunyuu/gyuunyuu.htm より~


牛乳の成分とその毒性

牛乳の副作用を考える)

<カゼインタンパク質>
牛乳のタンパク質の80%を占めるカゼインは人間の母乳のタンパク質であるアルブミンと違って非常に粗くかつ粘り気が有り腸から吸収しにくい。またそのため腐敗や異常吸収を起こしやすくアレルギーや大腸がん喘息、白血病などを起こしやすい。


<異常カルシウム>
牛乳のカルシウムはカゼインと結合したタンパク結合型カルシウムのためとても吸収しにくい。そのためかえってカルシウム不足を起こし骨粗鬆症,結石の元になる。
更に悪い吸収によって体のいたるところでカルシウムの沈着がおき胆石、腎臓結石。膀胱結石、歯石、白内障などを起こしやすい。

<乳糖不対症>
牛乳でお腹がごろごろするのは牛乳に含まれる糖分である乳糖を分解するラクターゼという酵素を人間が持っていないため分解できず下痢などを起こすことを言う。
それ以上に乳糖は本来人間がもっている骨の中のカルシウムを奪ってしまう作用がある。ハム、ソーセージ、ちくわ、ハンペン薬の増量剤としても使われているので要注意
カルシウムを補給する目的で牛乳を飲んでかえって骨が細くなってしまうのである

<亜鉛不足>
糖尿病、味覚異常、不妊症、免疫異常、泌尿器異常などが亜鉛不足でおきやすい
若年性の糖尿病は亜鉛不足が大きな原因といわれている。糖尿病の人は牛乳は禁忌である。


牛乳の加工上の問題

ほとんどの牛乳は加熱殺菌されている。

<高温殺菌>
高温殺菌は予備殺菌として85℃で30分予備加熱し、その後120℃2秒程度の殺菌が多い。
これによって牛乳のタンパク質が変性したり、牛乳に含まれるビタミンが3割程度減少することが知られている
また活性酸素を分解するペルオキシターゼと言う酵素がほとんど失われている。
低温殺菌ではこれらはほとんど無視できる。
生乳は5分程度で吸収し、低温殺菌は15分程度、高温殺菌は1時間半以上もかかり非常に消化に悪い。
だからといって生乳や低温殺菌が良いというのではない。しかしたまに飲むなら低温殺菌が良いです。

<均質化処理(ホモゲナイズ)>
ホモゲナイザーによって牛乳の脂肪を分離しないように更に細かく再分化することによって、薄皮が張らなくなる
しかしそのために脂肪酸に分解しない脂肪が腸から吸収しアトピーなどの副作用の原因となる。
また牛乳の酸化を早めてしまう。残念ながら日本の全ての牛乳はホモゲナイズされている。


ヨーグルトは最高

牛乳の欠点を全て乳酸菌によって改良したものがヨーグルトである。


1乳糖を乳酸菌が分解しカルシウムが消化しやすい
2タンパク質を分解しアミノ酸が4倍も増えている
3コレステロールを下げ、血圧を下げる
4糖尿病を予防する
5膀胱がん、大腸がん前立腺がん、胃がんを1/2以下にする。
6虫歯を予防する
7インターフェロンを増加させる

ヨーグルトは毎日食べよう。牛乳を購入して家庭でヨーグルトを造ると経済的である。
ヨーグルトは果物と食べると最高である

機能性食品としてのヨーグルトはよい
LG21胃潰瘍の予防
LI1 免疫アップ。ピロリ菌減少
LS1 歯周病予防 歯周病菌1ヶ月で1/20

どのようなヨーグルトでもよい、自分の気に入ったものでよい。


検診に行ってきました。悲しいね

保健センターの健診・3歳児の健診でした。
今回は発育の遅れた子供が沢山でびっくりでした。
牛乳を飲んで丈夫な体にしようと思っている子供たちの発育が人によっては10%程度遅れていました。
彼らの食生活を見ると毎日牛乳をコップ1杯から2杯も飲んでいます。その上ジュースやお茶です。
その為食事が満足に食べられず、小食であったり、食事を食べなかったりです。
ある子供は寝る前に牛乳を飲むので朝食が食べられません。
ある子供はペットポトルの紅茶ばかり飲んでいるのでいつもお腹いっぱいで食事を食べません。また牛乳を飲んでいる子供たちは透き通ったような青白い顔をしています。そしてアトピーを持っている子供たちが沢山いました。また喘息の子供もいました。
頭の発達が遅れている子供も多いです。
保健センターでは牛乳を飲むことを推奨しているので、アンチ牛乳派の私もあまり強いこと言うと首になってしまうので、牛乳はコップ半分程度にしましょうとか、寝る前には牛乳が固まって胃にもたれるから、飲んだら3時間程度は起きているように、など軽いアドバイスが限界です。
保健婦や栄養士もマニュアルどうりの指導です。
すでに西尾市においては一部の養護教員は、はっきりと牛乳が体によくないことを教育されていることを確認しています。
残念ながら肝心の健康を預かる同じ町の保健センターにそのような情報が届いていないのは残念です。
大体そのような場合は、諸説色々あるからとごまかされてしまうのが落ちです。

ある医学部の小児科の教授も、ラジオで牛乳を飲んでいる子供にアトピーが多く、牛乳を飲むと1時間で母乳に牛乳の成分が排出されアトピーが悪化するからぜひ牛乳はやめてほしいと訴えていました。

健診感想記

牛乳は万病の元  吉岡 諄 より http://homepage3.nifty.com/yoshioka418/index.htm

牛乳蛋白と1型糖尿病の発症について 

牛乳蛋白と1型糖尿病の発症について

http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2010-11-17 より~

 

北欧フィンランドは、
世界一1型糖尿病の多い国として知られています。

1900年代の疫学研究によると、
母乳ではなくミルクで赤ちゃんを育てると、
それだけ1型糖尿病が増加する、
という結果が報告されました。

否定的な研究もありますが、
その後も同様の研究結果は相次いでいて、
どうやら1型糖尿病になり易い体質を持っている赤ちゃんでは、
母乳よりミルクの方が、
その後の糖尿病の発症が多い、
ということは事実のようです。

それでは一体何故ミルクでは糖尿病が起こり易いのでしょうか?

1つの仮説は牛乳に含まれる、
人間とは異なる蛋白質が、
まだ未熟な赤ちゃんの免疫系を刺激して、
自己抗体を作り出す、
1つの要因になっているのではないか、
と言うことです。

このうち、牛乳蛋白の8割を占めているのが、
カゼインという蛋白質です。

牛乳アレルギーのお子さんでは、
このカゼインをより小さな粒に分解した、
加水分解カゼイン乳と呼ばれるミルクが、
人工乳として使用されることがあります。
日本でもそうしたミルクは販売されています。

今回発表された論文は、
通常のミルクとこの加水分解カゼイン乳を、
母乳が使用出来ない赤ちゃんにそれぞれ使用し、
どちらの赤ちゃんで、
その後の膵臓に対する自己抗体が、
誘導されたかを見たものです。

1型糖尿病の多いフィンランドで、
230名の糖尿病になり易い遺伝子を持つお子さんを対象にし、
平均7.5年の観察を行なったところ、
加水分解カゼイン乳を使用した赤ちゃんの方が、
有意にその後の抗体の出現率が低かったのです。

つまり、糖尿病の素因のあるお子さんでは、
極力母乳栄養を選択し、
それが困難な場合には、
加水分解カゼイン乳を使用した方が、
その後の糖尿病の発症は少なくなるのでは、
と推測されるのです。
勿論これは免疫系がまだ未熟な、
乳幼児期にみに成立する話で、
それ以降はまた別個の話として、
考える必要があります。
安易に「牛乳を飲むと病気になる」
というような文脈で、
乱暴に扱うべきではありません。

今日は牛乳に含まれる蛋白質と、
糖尿病との関連についての話でした。